糖質制限をすると血糖値は下がるの?

糖質制限をすれば血糖値が下がり肥満予防にもつながります


糖質制限をすれば血糖値の上昇を抑え、肥満も予防できるといわれています。

血糖値とは、ヒトの血液中に含まれているブドウ糖(血糖)の量のことで、高血糖は血液中の血糖量が多いという意味になります。

その血糖を作り出しているのが毎日の食事であり、食べ物の中にたくさんの糖質が含まれていれば、当然血糖値は上昇します。

逆に糖質を少なくすれば、血糖値は下がり肥満予防にもつながると考えられているのです。

血糖値が上がる原因は食事習慣と運動不足によるものといわれています

現在の日本は「飽食の時代」といわれるほど、食べ物にあふれています。

外食やコンビニなどで、自分の欲求のまま食べ物を選ぶことができます。

しかしそういった毎日の食事と運動不足が、私たちの体に流れている血液のブドウ糖(血糖)に大きく影響を及ぼしています。

食事による影響

血液中のブドウ糖は糖質によって作られています。

糖質は「炭水化物」から「食物繊維」を覗いたものであり、ごはん類やパン類、麺類、菓子類などに多く含まれています。

「脂っこいものやカロリーが高いものはダメ」とか「タンパク質の摂りすぎは血糖値が上がる」というように思われている方もいますが、牛肉のステーキなどを食べても、血糖値はほとんど上昇しません。

カロリーよりも糖質がどれだけ含まれているかが重要であり、それらが体に取り込まれると、小腸でブドウ糖に分解され血液に入って全身を回っていきます。

血糖値が上昇すると、すい臓からインスリンホルモンと呼ばれる物質が分泌されます。

このインスリンがブドウ糖をエネルギー源に変えるのですが、エネルギー源として使いきれなかったブドウ糖は、脂肪細胞に取り込まれ中性脂肪に変換されてしまうのです。

運動不足による影響

私たちが運動する時には大量のエネルギーが必要になりますが、その時にエネルギーの原料となるのが、血液中に含まれているブドウ糖になります。

運動不足になると筋肉量が減り、基礎代謝の低下を招くので、ブドウ糖の消費量が下がってしまいます。

また、ブドウ糖をエネルギー源に変えてくれるインスリンホルモンの働きも悪くなることがあります。

このように、運動不足の状態では、血糖値が上昇しやすくなってしまうのです。

血糖値の上昇は中性脂肪の蓄積にも関わってきますので、気になる場合は生活習慣を見直す必要がありそうです。

糖質制限で血糖値の上昇を抑えましょう


血糖値を下げるには糖質制限が有効であるといわれています。

ここでは糖質制限について詳しく説明します。

糖質とは先程も紹介したように炭水化物から食物繊維を覗いたものであり、具体的な食品ではイモ類・果物・はちみつなどがあります。

それらは単糖類・二糖類・多糖類と呼ばれる種類で分かれていて、身体に取り込まれると、全て単糖類であるブドウ糖に変わり血液中に吸収されます。

そのため糖質を過剰に摂取することが、血糖値の上昇を招く結果となってしまうのです。

糖質制限は、その糖質を取り込む所から改善しようという考え方です。

代表的なものは「毎日の食事から主食を抜く」という方法で、お弁当はサラダと肉などにする、夕食の食事からご飯・イモ類などを抜くといった方法になります。

カロリーではなく糖質量に着目しているという点で、カロリー制限とは少し違った方法になります。

今まで食べていた主食を抜くことに疑問を持つ人もいるかもしれませんが、もともと私たち人間にとって、糖質は必須栄養素ではないともいわれています。

人間の身体を造っている栄養素は「タンパク質」と「脂質」なのです。

もちろん糖質は体内でエネルギーの源となるブドウ糖に変換されていますが、人間に必要エネルギーは体内で合成することができるのです。

糖質の多い食品と少ない食品を知っておきましょう

糖質=炭水化物、甘いものというイメージだと思いますが、実際はどのような食品に多く含まれているのでしょうか。

ここでは糖質の含まれる量をグループに分けてご紹介します。

糖質が少ない食品

肉類、魚介類、チーズ、葉菜類、ナッツ類(種類による)、海藻、キノコ類、塩、醤油、マヨネーズ、油脂類、お茶(無糖)、コーヒーなどです。

糖質が多く含まれている食品

穀類(ご飯・麺類・トウモロコシ)、イモ類、かぼちゃ、砂糖、はちみつ、加工された調味料(ソース・ドレッシング)、ドライフルーツ、清涼飲料水(砂糖・ブドウ糖を含んでいるもの)、ビールなどには糖質が多く含まれています。

これらの分類を参考に、日々の食事に糖質制限を取り込むことで、血糖値を下げる効果が期待できます。

(まとめ)糖質制限をすると血糖値は下がるの?

1.糖質制限をすれば血糖値が下がり肥満予防にもつながります

血糖値とは血液に含まれているブドウ糖(血糖)の量を指していて、それは食べ物に含まれている糖質によって生成されています。

糖質制限をすれば血糖値が下がり肥満予防にもつながるといわれています。

2.血糖値が上がる原因は食事習慣と運動不足によるものといわれています

血糖値が上がる原因は、毎日の食事習慣と運動不足によるものです。

炭水化物や清涼飲料などに含まれている糖質が体内で分解されて、ブドウ糖となります。

また、運動不足もブドウ糖の消費量が減るので、血糖値を上げる要因のひとつであるといえます。

3.糖質制限で血糖値の上昇を抑えましょう

糖質制限によって、血糖値の上昇を抑えることができます。

血糖値が上がる原因は、毎日の食事に含まれている糖質量によるものです。

糖質制限は食事から主食を抜くなどして、炭水化物の摂取量を減らしていく方法です。

4.糖質の多い食品と少ない食品を知っておきましょう

糖質の多い食品と少ない食品を知り、正しい糖質制限を行いましょう。

糖質が多く含まれているのは、主に穀類(ご飯・麺類・トウモロコシ)、イモ類、かぼちゃ、砂糖、はちみつ等です。

ダイエットのプロ・低糖質食のエキスパート「ライザップ栄養管理士チーム」が完全監修!美味しくて続けられる「RIZAPの低糖質フード」がおススメです!

糖質制限は、糖質が含まれる食材を何でも制限する訳ではなく、食べられるお肉もあれば、飲むこともできるお酒もあります。糖質が高い食材、低い食材の基本的な知識をつけていくことでストレスのない糖質制限を続けていくことができるでしょう。

詳しくはこちら

関連記事

ダイエット中でも選べるおいしい低糖質食事
ページ上部へ戻る