糖質制限は標準体重の人がやっても効果を期待できる?

標準体重における糖質制限は体重が落ちにくいものの体型の変化が期待できます


体型への憧れや理想を抱く人は、少なくないことでしょう。

特に女性はスリムさを良しとする傾向にあるため、標準体重であってもなおダイエットしている人が多いです。

しかし、糖質制限に関しては、標準体重から始めてもあまり体重は落ちません。

とはいえ、特徴的な効果により体型の変化を期待することができます。

標準体重の人でも、やる価値は大いにあるといえるでしょう。

標準体重の定義についてはBMIが参考になります

標準体重は、男女や年齢、身長などによって異なります。

そのため、一概に標準体重が何キロであると断言することはできません。

考え方としては、BMIを用いる方法が一般的です。

これは「ボディー・マス・インデックス」の略で、体重と身長の関係から割り出した体格指数を表します。

大人体型における計算式としては、体重からメートル換算した身長の2乗を割る形となります。

そして、このBMIの数値が18.5~25.0の範囲内が標準とされていて、日本では男性が22.0、女性は21.0がBMIの理想値と考えられています。

この数値内に収まっているか、もしくは以下、以上であるかといった部分を考えて、糖質制限に活かすとよいでしょう。

しかし、標準の範囲に収まっているからといって、必ずしも健康体であるとはいいきれません。

適正な体重であっても、内臓周りに内臓脂肪が多くついている場合は肥満気味とも考えられるためです。

内臓脂肪は不健康を生み出す要因となる存在であるため、体重値に関係なく脂肪を減らす努力はしておくべきです。

糖質制限では余計な脂肪の燃焼が期待できます


健康的な標準体重の人は、体に脂肪があまりついていません。

筋肉と適正な脂肪量がついており、比較的シャープな見た目となります。

そして次に、糖質制限の有効性について触れていきます。

糖質制限では、毎日食事で摂る炭水化物などを控えて、摂取する糖質量を抑えます。

しかし糖質から取り込むエネルギーは、人体が活動するうえで不可欠です。

そのため、体は自然にそれまでに体内で蓄えていた代わりのものを分解することでエネルギーを生み出そうとします。

この代わりとなる物質は、主に2種類に分けられます。

肝臓の中に蓄えられているグリコーゲンと、脂肪のそれぞれです。

順番的には、先に前者を使用し、それが枯渇したら後者といった具合です。

すなわち、糖質制限を効果的に実践できれば、体の余分な脂肪が燃焼できるということです。

すでに余分な脂肪の少ない標準体重であれば、糖質制限をおこなっても脂肪の燃焼はあまり行われません。

これが、標準体重の人が糖質制限をしても体重はあまり変化しない理由です。

糖質制限で体型の向上を目指すコツがあります

上記で紹介したように、標準体重であっても糖質制限をする意味は大いにあります。

体型を向上させる効果に期待できるためです。

特に効果が見られやすいのは、女性として嬉しいお腹周りです。

標準的な体型の場合、余分な脂肪は主に内臓周りについていることが多いです。

そのため、糖質制限で内臓脂肪を落とすことにより、ぽっこりお腹などがすっきりしやすいのです。

体重が落ちにくいながら、すらっとスリムなシルエットに近づけるので、嬉しいダイエット法となってくれます。

そして、体型の向上効果をさらに高めたいのであれば、適度な運動もプラスしてみてください。

糖質制限中は、摂取する糖質を控えているため、脂肪燃焼に適したタイミングといえます。

軽いランニングやウォーキング、筋力トレーニング程度であっても、普段以上に効果を感じやすいです。

また、男性の場合は筋肉がつきやすいため、一層効果を体感できることでしょう。

もちろん女性も、引き締まった体に近づくための有効な方法として役立てることができます。

(まとめ)糖質制限は標準体重の人がやっても効果を期待できる?

1.標準体重における糖質制限は体重が落ちにくいものの体型の変化が期待できます

標準体重の人が糖質制限しても、体重が変わることは少ないでしょう。

しかし、糖質制限ならではの効果で、体型における変化を期待することが可能です。

理想のスタイルやプロポーションを目指すのであれば、有効な方法といえます。

2.標準体重の定義についてはBMIが参考になります

標準体重は、体格指数ことBMIで判断する形が一般的です。

そして標準値としては、18.5~25.0の範囲内といわれており、男女で理想値は異なります。

しかし体重が適正でも脂肪の量は人それぞれであるため、一概に健康とはいいきれません。

3.糖質制限では余計な脂肪の燃焼が期待できます

糖質制限をすると、活動に必要なエネルギーが不足するため、体内に蓄えている代わりのものを使いエネルギーを生み出します。

これにより、脂肪の燃焼も期待できるのです。

しかし健康的で標準体重の場合、そもそも体脂肪が少ないため、体重に変化は見られにくいです。

4.糖質制限で体型の向上を目指すコツがあります

標準体重で糖質制限をすると、内臓脂肪を減らせるため腹の引き締め効果に期待できます。

また脂肪燃焼をしやすくなるため、合わせて軽い運動も取り入れるとより理想的です。

ダイエットのプロ・低糖質食のエキスパート「ライザップ栄養管理士チーム」が完全監修!美味しくて続けられる「RIZAPの低糖質フード」がおススメです!

糖質制限は、糖質が含まれる食材を何でも制限する訳ではなく、食べられるお肉もあれば、飲むこともできるお酒もあります。糖質が高い食材、低い食材の基本的な知識をつけていくことでストレスのない糖質制限を続けていくことができるでしょう。

詳しくはこちら

関連記事

ダイエット中でも選べるおいしい低糖質食事
ページ上部へ戻る