糖質制限するときの糖質摂取量の目安とは?

一日の糖質摂取目安は、どのように取り組むかで変わります


糖質制限という名称で広く知られている糖質を抑えたダイエット法ですが、基本は炭水化物に含まれる糖質に着目しておこなう形となります。

では、糖質制限を行うにあたって、どの程度の糖質摂取量が目安となってくるのが気になるという方もいらっしゃるでしょう。

糖質制限時の糖質の摂取量は、どの程度の期間で痩せたいか、初心者か経験者か、痩せ型か太り気味かなどで増減させるべきです。

自分に適した量を目安として、無理なく続けることが大切といえます。

糖質制限の目安はタイプによって異なります

糖質制限というダイエット法は、主に3タイプに分けられています。

短期間での痩身を目指す「スーパー糖質制限」、比較的負担の少ない「スタンダード糖質制限」、そして初心者向けの楽に続けやすいタイプである「プチ糖質制限」です。

それぞれの糖質摂取の目安は、スーパー糖質制限で1日30~60グラム、スタンダードタイプなら70~100グラム、プチ制限なら110~140グラムといわれています。

ただ、男女で代謝量に違いが出て来るため、これらの目安も若干異なってきます。

このなかでも、早期の効果を目指すのであれば、スーパー糖質制限が効果的です。

しかし、いつも普通に食べていた中で、突然極端に糖質の摂取を減らすというのはやはり負担が感じられます。

初心者であれば、尚のことでしょう。

イライラを感じてしまえば、日々の快適さが失われたり、またストレスからリバウンドしたりすることも考えられます。

そのため、いつもの食事量や体型を考えたうえで目安を決めるよう心がけてください。

また運動も大切になるため、食事とあわせて行っていきましょう。

糖質制限には注意点があります


ダイエットという結果を求めるあまり、最初は何かと無理しがちかもしれません。

しかし、他の方法と同じように、ダイエットは継続的におこなってこそ理想が目指せます。

いつもの食事から炭水化物を控えるという手軽な方法ですが、無理なく続けられるよう気をつけましょう。

そのため、最初はプチから始めて、徐々にスタンダード、スーパーと目安量を減らしていってもよいでしょう。

また、断食ではなくあくまで制限なので、しっかり食べることも重要です。

糖質を控えているため、他のたんぱく質や脂質で調整して、必要なカロリーはちゃんと摂取できるよう気をつけましょう。

これは糖質制限のなかでも、特にポイントとしてあげられる部分です。

さらに、良質の油を摂ることも心がけましょう。

これは普段以上に重要なエネルギー源となるためです。

特にオリーブオイルは、血糖値を抑える働きが期待できる油として有効です。

普段の食事のなかから意識して取り入れましょう。

糖質制限のダイエットには運動が必要です

糖質制限によるダイエットには運動が欠かせません。

これは糖質制限をおこなっているときは、筋肉が減りやすい状態にあるためです。

糖質制限をすると、体内の糖質が少なくなるため、体の活動に必要なエネルギー源が足りなくなります。

そして、その代用として脂質がエネルギー源として使用されます。

このため、脂肪が燃焼されてダイエットに繋がるのですが、筋肉も同時に分解されてしまうというリスクもあるのです。

筋肉量が減少すると、基礎代謝が落ちてしまい、太りやすく痩せにくい状態となってしまい、リバウンドを招く可能性が高くなってしまいます。

このため、糖質制限時は適度な運動を合わせて行うことが非常に重要なのです。

運動の進め方については、専門家の指示を仰ぐのも効果的です。

(まとめ)糖質制限するときの目安とは?

1.一日の糖質摂取目安は、どのように取り組むかで変わります

一般的な糖質制限は、炭水化物を控える形で取り組みます。

具体的な目安量としては、どのくらいの期間で効果を得たいか、糖質制限の経験はあるか、いまの体重はどのくらいかで異なります。

自分に合った量で、無理なく続けられるよう工夫しましょう。

2.糖質制限の目安はタイプによって異なります

同じ糖質制限でも、「スーパー糖質制限」、「スタンダード糖質制限」、「プチ糖質制限」の3つに分類されます。

それぞれの糖質摂取の目安としては、スーパー糖質制限で1日20~60グラム、スタンダードな糖質制限は70~100グラム、プチ糖質制限は110~140グラムを目安としてみてください。

最初のものが前述の20~50グラム目安であるのに対し、後者は順に70~110グラム、110~160グラムと考えてください。

3.糖質制限には注意点があります

糖質制限は手軽なダイエット方法ですが、一定期間続けてこそ効果の期待できる方法です。

そのため、最初はあまり無理せず、プチやスタンダードから始めて体を慣れさせていくのもひとつの手です。

また、必要カロリーはしっかり摂ること、良質な油を意識することもポイントになります。

4.糖質制限のダイエットには運動が必要です

糖質制限のダイエットには適度な運動が大切です。

糖質制限中は脂肪が燃焼しやすい反面、筋肉が落ちやすい状態にあります。

筋肉量が減少してしまうと、リバウンドを招きやすいため、運動を合わせて行う必要があるのです。

ダイエットのプロ・低糖質食のエキスパート「ライザップ栄養管理士チーム」が完全監修!美味しくて続けられる「RIZAPの低糖質フード」がおススメです!

糖質制限は、糖質が含まれる食材を何でも制限する訳ではなく、食べられるお肉もあれば、飲むこともできるお酒もあります。糖質が高い食材、低い食材の基本的な知識をつけていくことでストレスのない糖質制限を続けていくことができるでしょう。

詳しくはこちら

関連記事

ダイエット中でも選べるおいしい低糖質食事
ページ上部へ戻る