糖質制限にリスクってあるの?

糖質制限にはいくつかの気をつけるべきリスクがあります


糖質制限は手軽なダイエット法としてとても魅力的です。

運動するとともに、食事からの糖質摂取量を抑えるだけなので、初心者でも成功しやすいです。

しかし、体のエネルギー源となる糖質を減らす方法であるため、いくつかのリスクにも注意しておくべきです。

それぞれ把握したうえで、安全に実践するよう心がけましょう。

糖質制限を始めてすぐには脂肪自体が減りにくいといわれています。

糖質制限が人気の高い理由として、早い段階で効果を実感しやすいことがあげられます。
糖質は体内で変化し体を動かすためのエネルギーになります。

しかし、糖質制限ではこのエネルギーが不足するために、体内でエネルギーを作るようになり、この働きによりダイエット効果が期待できます

肝臓は、体内で糖質貯蔵庫として役割を担っている器官です。

肝臓では、食べた糖質をブドウ糖に分解しグリコーゲンとして変化させたものを、一定量溜め込むことができます。

しかしこのグリコーゲンは、1グラムに対して約3グラムの水分がついた状態で蓄えています。

そのため、糖質制限により肝臓内のグリコーゲンを消費すると、同時に約3倍の分量に及ぶ水分も代謝される形となります。

肝臓内のグリコーゲンは、脂肪よりも優先して使用されます

すなわち、糖質制限を始めたところに減った体重の多くは脂肪でなく水分によるものというわけなのです。

水分が減って体重が落ちても、脂肪がついたままであれば、またすぐにリバウンドしてしまいかねません。

正しい方法で、しっかり脂肪自体も消費できるよう心がける必要があります。

糖質制限により脳が栄養不足となり不調を感じることもあります


糖質は過剰に摂取すると肥満に繋がりやすい成分でもありますが栄養素でもあります。

糖質を含んでいる炭水化物は、人間が摂るべき三大栄養素にも数えられており、各器官や細胞の健康を保つためにも欠かせません。

特に糖質が重要になる器官としては、脳があげられます。

脳は食事から分解して作り出されるブドウ糖をエネルギー源としているため、糖質がとても重要です。

こうした理由から、糖質制限では脳に影響が現れるというリスクも懸念されます。

頭を冴えさせたいとき、チョコレートや飴などの甘いものが効果的とよくいわれます。

これは理に適った考え方であり、前述の通り、ブドウ糖が効率的に補給できるためです。

反対に、糖質が不足すると脳の活動は鈍くなり、イライラや集中力低下、めまいなどを起こしてしまいかねません。

仕事や活動、勉強など、すべての面で必要とする脳なだけに、こうした症状は大きなリスクとなってしまいます。

また、イライラによって糖質制限ダイエットが辛くなり、激しいリバウンドが起こりやすいこともリスクの一つです。

糖質制限では脳のエネルギーのもととなる糖質を制限しますが、体内ではブドウ糖が不足すると代わりとなるケトン体が作られるため通常は問題ありません。

しかし、体に必要な栄養素までも制限してしまうような糖質制限を行ってしまうと、低血糖などの症状が起こる危険性があるため注意しましょう。

リスクさえ理解しておけば糖質制限は効果的なダイエット法です

上記では糖質制限が少し不安に感じてしまうリスクを紹介しました。

しかし、これらを踏まえてもなお、糖質制限は魅力的なダイエット法です。

そのため、多くの方が糖質制限を実践しているのです。

リスクを防ぐポイントとしては、ダイエット中であっても最低限の糖質は摂ることがあげられます。

人によって摂るべき糖質量は変わるため、その時の状況に合わせて調整することが大切です。

また同時に、必要なカロリーを満たせるようにたんぱく質や脂質、食物繊維などをしっかり摂るようにしましょう。

そしてもう一つのポイントが、適度な運動を行うことです。

上記で紹介したように早い段階で体重が落ちても、その大半は脂肪でなく水分によるものです。

糖質制限中は、肝臓内のグリコーゲンが不足すると脂肪からエネルギーを供給するため、普段以上に燃焼しやすくなっています。

運動に適したタイミングなので、無理のない範囲で体を動かしてみてください。

このような注意点を抑えられれば、糖質制限は手軽で効果的なダイエット法となってくれます。

正しい知識のもと、安全に理想の体型を目指しましょう。

(まとめ)糖質制限にリスクってあるの?

1.糖質制限にはいくつかの気をつけるべきリスクがあります

糖質制限は、初心者でも比較的効果を実感しやすい魅力的なダイエット法です。

しかし、体のエネルギー源となる糖質を控える形となるため、少なからずリスクも伴います。

注意点を押さえて、安全に臨みましょう。

2.糖質制限を始めてすぐには脂肪自体が減りにくいといわれています

糖質制限を始めると、早い段階で体重の減少を実感できる方が多いです。

しかし、これは体内の水分が消費されたことで起こっています。

早い段階で成功したと勘違いしてしまうと、思わぬリバウンドに繋がるというリスクが伴います。

3.糖質制限により脳が栄養不足となり不調を感じる危険もあります

糖質は、体にとって欠かせないエネルギー源です。

特に脳では、糖質由来のブドウ糖をのエネルギー源としており、重要な成分です。

そのため過度な糖質制限は、イライラや集中力が低下するといったリスクにも繋がることがあります。

4.リスクさえ理解しておけば糖質制限は効果的なダイエット法です

リスクさえ気をつければ、糖質制限は魅力的なダイエット法です。

糖質は完全に断たず、必要量を摂るようにする、適度な運動も取り入れるなどして、対策しましょう。

そうした対策をすることで、理想的な結果が期待できることでしょう。

ダイエットのプロ・低糖質食のエキスパート「ライザップ栄養管理士チーム」が完全監修!美味しくて続けられる「RIZAPの低糖質フード」がおススメです!

糖質制限は、糖質が含まれる食材を何でも制限する訳ではなく、食べられるお肉もあれば、飲むこともできるお酒もあります。糖質が高い食材、低い食材の基本的な知識をつけていくことでストレスのない糖質制限を続けていくことができるでしょう。

詳しくはこちら

関連記事

ダイエット中でも選べるおいしい低糖質食事
ページ上部へ戻る