糖質制限のメリットデメリットとは?

糖質制限のメリットは体質改善に効果的であることですが、たんぱく質を摂りすぎてしまいやすいことがデメリットにもなります


糖質制限を行うことで、太りにくく痩せやすい体を目指すことが可能です。

しかし、栄養がたんぱく質に偏りやすいため、たんぱく質過多を原因とする体の不調も懸念されます。

これらのメリットとデメリットを理解したうえで実践することが大切です。

糖質制限ではダイエットというメリットに期待できる理由があります

摂取する糖質が減ると、今までよりも摂取カロリーが減ることがあります。カロリー自体も抑えられます。

しかし、糖質制限がダイエットに有効である理由は、これだけではありません。

重要なメリットとしては、インスリンの分泌を抑えられることにあります。

摂取した糖質は、まず体内で吸収に適したブドウ糖という状態へ分解されます。

このブドウ糖は、血液中を通って体中の器官や細胞、脳などへと送り届けられます。

このとき、糖質の摂取量が多いと血液中の糖、すなわち血糖値が上昇します。

しかし、この状態は健康上あまり理想的とは言えないため、体内機能によって血糖を下げようとします。

血液中からブドウ糖を排出し、肝臓や筋肉へと蓄える働きです。

そしてこの働きを促すホルモンこそが、インスリンです。

インスリンが働くことによって、余った糖質は脂肪へと変化し体に溜め込まれてしまうというわけです。

糖質制限では、糖質の摂取量が少なくなるため血糖は上がりにくいです。

そのため、このインスリンの作用を抑え、脂肪がつきにくくなると言われています。

それに加えて摂取量自体も少なくなることにより、体内の脂肪がエネルギーとして使用されやすくなるため、ダイエットにも繋げられます。

糖質制限によるダイエットというメリットは、こうしたメカニズムにて得られるのです。

また、糖質制限によるダイエットには運動も欠かせません。

糖質制限時では、脂肪が燃焼されやすい状態です。

糖質制限と運動をしっかりと行うことで効果が期待できるのです。

たんぱく質に偏ることで起こるデメリットがあります


人間が生きるうえで欠かせない3つの栄養素を三大栄養素と呼びます。

これは炭水化物、たんぱく質、脂質です。

糖質は炭水化物から食物繊維を除いたものです。

糖質制限では炭水化物の摂取を抑えることが多いため、必然的に他の二つで補う形となります。

そして脂質は多量の摂取が難しいため、たんぱく質に偏ることが多いです。

ここで注意したいのが、たんぱく質の過剰摂取によるデメリットです。

糖質は、必要以上に摂っても肝臓で蓄えたり、また脂肪としてストックしておくことができます。

ところがたんぱく質は、必要以上に摂った場合蓄えられず、肝臓と腎臓の働きによりアンモニアに分解されます。

有毒なアンモニアはのちに無毒の尿へ変えられて排出されます。

そのため、たんぱく質を摂りすぎると、そうした働きを肝臓と腎臓が大量に行わなくてはなりません。

これに伴い、肝臓と腎臓が大きな負荷を受け、場合によっては体調不良を引き起こします。

また食物繊維不足になりやすいことも注意が必要です。

炭水化物の摂取量を抑えると、食物繊維が不足しがちになります。

たんぱく質が多く食物繊維の少ない状態は、便秘や生活習慣病に繋がります。

逆に太りやすい体質となる場合もあるため、糖質制限中は食物繊維の摂取を意識的に行うことが求められます。

デメリットは対策をすることで防ぐことができます

メリットデメリットの双方が共存する糖質制限ですが、メリットの大きさを考えれば、デメリットはそこまでマイナス要素とも言えません。

少しの注意で防げるため、デメリット対策もしっかり考えたうえで実践してみるとよいでしょう。

ポイントは、糖質制限はあくまで糖質を控えることであり、完全に断たないよう心がけることです。

糖質の必要摂取量はその人や生活スタイルによって異なるため、生活の中で調節していくことが必要です。

また、上記で紹介したように食物繊維が不足しがちになるため、野菜をしっかりとる心がけも大切です。

炭水化物と野菜をバランスよく摂ることで、たんぱく質の摂りすぎは防ぐことができるでしょう。

理想的な体型を目指すことも重要ですが、やはり健康の維持が何よりです。

注意点も抑えて、安全な糖質制限を目指しましょう。

(まとめ)糖質制限のメリットデメリットってどんなもの?

1.糖質制限のメリットは体質改善に効果的であることですが、たんぱく質を摂り過ぎてしまいやすいことがデメリットにもなります

糖質制限のメリットは、糖質の摂取を抑えることでダイエットに期待できる点です。

しかし、デメリットとしてたんぱく質に栄養が偏りやすく、特有の症状が起こることを気にしておく必要もあります。

2.糖質制限ではダイエットというメリットに期待できる理由があります

糖質制限によるダイエット効果は、インスリンの抑制が大きく作用しています。

インスリンの分泌を減らすことで、血糖が脂肪として体内に取り込まれにくくなります。

また、既存の脂肪が燃焼されやすくなるため、こともダイエット効果につながります。

3.たんぱく質に偏ることで起こるデメリットがあります

糖質制限を行うと、栄養がたんぱく質に偏りがちです。

その場合には肝臓と腎臓の負荷が大きくなり、重大なダメージを被るケースがあります。

糖質制限時の大きなデメリットといえるため、注意が必要です。

4.デメリットは対策をすることで防ぐことができます

糖質制限でダイエットを行う場合でも、食事はバランスも考えて摂りましょう。

糖質は必要量をしっかり摂る、食物繊維も意識するといった心がけでたんぱく質への偏りをぎましょう。

健康面も考えたうえで、理想体型を目指すことが大切です。

ダイエットのプロ・低糖質食のエキスパート「ライザップ栄養管理士チーム」が完全監修!美味しくて続けられる「RIZAPの低糖質フード」がおススメです!

糖質制限は、糖質が含まれる食材を何でも制限する訳ではなく、食べられるお肉もあれば、飲むこともできるお酒もあります。糖質が高い食材、低い食材の基本的な知識をつけていくことでストレスのない糖質制限を続けていくことができるでしょう。

詳しくはこちら

関連記事

ダイエット中でも選べるおいしい低糖質食事
ページ上部へ戻る