糖質制限のダイエット方法で効果を高めるやり方とは?

糖質制限に関する専門的な方法も覚えればより効果的なやり方に繋げられます


糖質制限は、医師や専門家のみならず、基本的なやり方を知っている人は多数存在することでしょう。

糖質の摂取を減らすという、とても簡単な方法であるためです。

しかし、より高い効果に期待を持ちたいのであれば、専門的な方法もぜひ取り入れてみてください。

糖質と糖類などの違いを知ることが糖質制限では重要です

糖質制限について初めて調べる際に似たような言葉が多く混乱した経験を持つ人も少なくないことでしょう。

そのなかでも、糖質や糖類、炭水化物などは、似た言葉、存在でありながら微妙に異なります。

糖質制限においても重要となるため、しっかり把握しておきましょう。

まず4つのなかで一番大きな要素が炭水化物です。

炭水化物は糖質と食物繊維が一つになった存在であるためです。

炭水化物に含まれる糖質が体内に取り込まれると、ブドウ糖へと変化し体のエネルギー源となります。

糖質制限では糖質の摂取を抑えるために、炭水化物を控えるという方法が一般的でもあります。

次に糖質ですが、これは結びついた単糖の数によって分類されます。

最小単位が単糖、二つ結合したものは二糖、続いて三糖、10個以上結びついた多糖類などに分けられます。

そして単糖、二糖に関しては、糖類と呼ぶのです。

似た言葉でも、それぞれ意味合いが異なるので、糖質制限時に食品を選ぶ際は、ぜひ表記を気にしてみてください。

糖類ゼロという表記の場合は、糖質が含まれている可能性があるため注意しましょう。

GI値を理解することで糖質制限の方法をより効率的にできます


糖質制限を行う際の食品購入時の着目点には、さまざまなものがあります。

多くの人は、カロリーや炭水化物、糖類などに注目していることでしょう。

しかし、効率的な糖質制限の方法を考えるのであればGI値にも注目してみましょう。

これは「Glycemic Index」の略で、ブドウ糖を100としたときの血糖値における上昇度合い値になります。

主にはGI値55以下が低GI、70以上であれば高GIといわれています。

血糖値が急激に上がると、インスリンというホルモンが活発になり、体内に脂肪が取り込まれやすくなってしまいます。

食品パッケージ等に記載されていることはほとんどありませんが、代表的な食材に関して覚えておくとよいでしょう。

気をつけるべき高GI値食品の代表格には、白米、及ぶ食パン、うどん、じゃがいも、とうもろこしなどがあげられます。

また、ケーキやチョコレート、飴なども高いGI食品となっています。

反対に低いものには、炭水化物であれば玄米や全粒粉パスタなどです。

また、キャベツ、トマト、ほうれん草などもGI値が低いです。

納豆や豆腐といった大豆を原料とする食品も、比較的低めです。

しかし、GI値が低くても糖質が多く含まれているものもあるため、選ぶときは糖質とGI値どちらも低いものを選ぶとよいでしょう。

糖質制限を安全に行うためには注意点もあります

簡単に実践が可能であり、さらに専門的知識もあれば、より目標体型へと近づきやすくなる糖質制限ですが、簡単であるからこそ注意すべき部分も存在します。

専門的なやり方を把握してくると、よりやる気も上昇するといったところかもしれませんが、最後は注意点について触れていきます。

主には、糖質を完全に断つ方法は控える、過度な減量をしないようにする、脂質が多くなりすぎないよう気をつける、良質なたんぱく質を豊富に摂るといった点です。

効果が期待できる方法であるため、つい無理もしてしまいがちかもしれませんが、体型や体重の改善よりも、やはり大事なのは健康です。

注意点にも気を遣いながら、安全なやり方で臨みましょう。

また、病気を患っている人や高齢者の場合はさらに気をつけるべきです。

専門知識を知ることのみならず、医師へも相談したうえで安全に取り組むよう心がけましょう。

(まとめ)糖質制限の方法で効果を高めるやり方とは?

1.糖質制限に関する専門的な方法も覚えればより効果的なやり方に繋げられます

糖質制限は簡単な方法で行えるため、幅広い人がそのやり方を知っています。

そして、さらなる効果を期待するのであれば、プラスアルファの専門的なやり方や知識も覚えておくことをおすすめします。

2.糖質と糖類などの違いを知ることが糖質制限では重要です

糖質、糖類、炭水化物などは似た存在として紹介されがちですが、それぞれ異なります。

主には、炭水化物は糖質に食物繊維が結びついたもの、各糖の総称である糖質、そして単糖、二糖の総称である糖、糖類といった違いです。

3.GI値を理解することで糖質制限の方法をより効率的にできます

糖質制限をより効率的におこなうなら、食品のGI値に着目する方法もおすすめです。

これは血糖値の上昇割合を把握できる指標となっています。

炭水化物は糖質と食物繊維が結びついたものです。

そして糖質のなかに単糖と二糖を指す糖類が含まれており、それぞれ範囲が異なるのです。

4.糖質制限を安全に行うためには注意点もあります

簡単で効果的な糖質制限というダイエット方法ですが、注意点についても押さえておきましょう。

具体的には、糖質は完全に断たない、急激な減量をしない、脂質に偏らない、良質なたんぱく質の摂取を意識するといった点などです。

ダイエットのプロ・低糖質食のエキスパート「ライザップ栄養管理士チーム」が完全監修!美味しくて続けられる「RIZAPの低糖質フード」がおススメです!

糖質制限は、糖質が含まれる食材を何でも制限する訳ではなく、食べられるお肉もあれば、飲むこともできるお酒もあります。糖質が高い食材、低い食材の基本的な知識をつけていくことでストレスのない糖質制限を続けていくことができるでしょう。

詳しくはこちら

関連記事

ダイエット中でも選べるおいしい低糖質食事
ページ上部へ戻る