糖質制限すると低血糖の症状が出ることがありますか?

糖質制限が原因で低血糖の症状が出ることはありません


糖質制限を行うと、主食や甘いものを食べなくなるために、低血糖の症状が出るだろう、という思い込みをする人がいますが、これは間違った認識です。

正しい糖質制限を行っている場合において、低血糖の症状が出ることはありません。

低血糖の症状としては、空腹感やあくび、倦怠感や集中力の低下、眠気などがみられますが、それぞれ感じ方には個人差があります。

倦怠感や眠気をはるかに超えて、意識が消失する、昏睡状態に陥るなどの重篤な低血糖症状の場合、その原因として最も多いものは、糖尿病の薬物療法に伴うケース、あるいは「無自覚性低血糖」という自律神経の働きによる疾患であったケースです。

こうした病気の人以外で、食後に倦怠感や眠気をもよおす場合は、糖質の多い食事によって急上昇した血糖値に反応してインスリンが大量に分泌され、血糖値が急降下することで表れる低血糖のケースがほとんどです。

糖質制限は、むしろ、このような血糖値の急上昇や急降下といった体へのダメージを減らし、食事による倦怠感や眠気といった反応を減らすことにつながります。

そしてまた、完治することはないともいわれる恐い糖尿病のリスクを排除できる、健康維持にポジティブな食生活の方法なのです。

健康な人が適正な食生活をすれば、血糖値は一定の範囲に

そもそも血糖がどのような役割を持っているかを考えてみましょう。

食事などでデンプンなどの糖質を摂ると、消化酵素の働きで糖質はブドウ糖などに変わります。

ブドウ糖は、小腸で吸収されて血液中に溶け出し、全身の細胞に送られます。

血液中に溶け出したブドウ糖を血糖と呼びます。

この血糖が、血液中にどのくらい存在するかを示したものが血糖値です。

血糖値が上がると、すい臓からインスリンというホルモンが分泌されます。

血糖値を一定にコントロールし、筋肉をはじめとする細胞へ、エネルギー源として血糖を送る働きをするのがインスリンなのです。

しかし、糖質を過剰に摂り過ぎると血糖値は急上昇し、インスリンも大量に分泌され、余分な血糖は皮下脂肪や内臓脂肪として蓄えられてしまいます。

血糖値を測定したなら、複数の「血糖値」を併せて判定します。

例えば、「空腹時血糖値」は、9〜10時間にわたって絶食した後に測定したときの血糖値です。

糖尿病が疑われるのは、空腹時血糖値が126mg/dL以上の場合とされています。

また、日本糖尿病医学会が分類する基準によれば、80〜110mg/dLが優、110〜130mg/dLが良、130〜160mg/dLが可、160mg/dL以上が不可となっています。

「75gOGTT2時間値」というのは、75gのブドウ糖を摂取した状態で計測する血糖値です。

食後血糖値と呼ぶ場合も、基本的に75gOGTT2時間値を指しています。

この数値が200mg/dL以上になると、糖尿病の可能性が疑われます。

これも、日本糖尿病学会が設定している基準値があり、80〜140mg/dLが優、140〜180mg/dLが良、180〜220mg/dLが可、220mg/dL以上が不可となっています。

このほか、「随時血糖値」という値は、食事と関係なく計測した血糖値です。

この血糖値が200mg/dL以上では、糖尿病の可能性があります。

また、「HbA1c」という、血中ヘモグロビンとブドウ糖が結合したタンパク質が存在する割合を計測するものもあります。

ヘモグロビンとタンパク質の結合状態は120日間、解けないことから、過去30〜60日間の平均血糖値を知ることができます。

これらの検査により、「空腹時血糖値126mg/dL以上」、「75mgOGTT2時間値200mb/dL以上」のいずれかひとつと、「随時血糖値200mg/dL以上」、「HbA1c6.5%以上」の両方を満たした場合は即座に、糖尿病の診断が下されます。

反対に、低血糖とは、血糖値が70mg/dL以下の状態です。

症状としては異常な空腹感、動悸、震えなどが現れます。

50mg/dL以下になると無気力や倦怠感、40mg/dL以下では冷汗、頻脈、顔面蒼白、紅潮、30mg/dL以下では意識消失や異常行動、20mg/dL以下では昏睡などの症状も出ることがあります。

これらの原因の多くは、糖尿病の薬物療法に伴うものです。

健康な人が適正な食生活を送っている場合、血糖値は一定の範囲にコントロールされ、極端に変動することはありません。

しかし、インスリンの作用が十分でないために、ブドウ糖が有効に使われずに血糖値が高くなり、その状態を放置すると糖尿病になってしまうことがあるのです。

糖質が多い食事を続けていると、隠れ糖尿病のおそれも


会社や学校、地域の健康診断には、採血による血糖値の検査があります。

おおむねこの検査は、空腹時血糖値の計測ですので、「血糖値は正常」と判定された場合でも、食後に血糖値が急上昇する人もいます。

そういった場合は、一般的な健康診断では分かりませんが、すでに糖尿病を発症している場合もありますので注意が必要です。

とくに炭水化物が多い食事をしている人、運動不足の人などは、隠れ糖尿病の可能性もあります。

のどが渇く、尿の量や回数が多い、食べているのに体重が減る、疲れやすいなどは糖尿病のサインのひとつです。

糖尿病には4つのタイプがあります。

「1型糖尿病」は、子供や若年層に多くみられるもので、インスリンをつくるすい臓の細胞がなんらかの原因で壊され、インスリンをつくることができなくなり、糖尿病になります。

「2型糖尿病」は、インスリンの分泌が少なくなったり、働きが悪くなったりするために起こります。

日本人の糖尿病患者のおよそ90%は2型糖尿病とされ、主に中高年以降に多く発症しますが、最近は若年層にも増加しています。

この大きな原因は、肥満、ストレス、運動不足といった生活習慣です。

肥満がなくても内臓脂肪が増える「メタボリックシンドローム」と呼ばれる状態になると発症しやすくなります。

このほか、特定の遺伝子の異常によるものと、違う病気や薬剤が原因で発症する糖尿病があります。

また、妊娠前は糖尿病と診断されていなかったのに、妊娠中に初めて発見されるタイプの糖代謝異常状態である「妊娠糖尿病」というものもあります。

糖質制限は、「太らせホルモン」を調整して体も心も健康に

インスリンは、すい臓から分泌される、血糖値を下げるホルモンです。

消化吸収されたブドウ糖がエネルギーに使われれば脂肪になりませんが、ブドウ糖をエネルギーに変換できるスピードには限界があります。

この限界を超えるとインスリンは余分な糖分をグリコーゲン(貯蓄型の糖分)、あるいは脂肪に変えて血糖値を下げているのです。

グリコーゲンは肝臓や筋肉などで蓄えられ、必要時にエネルギー源となりますが、過剰な体脂肪はさまざまな弊害をもたらします。

さらにインスリンがたくさん分泌されると、糖から脂肪を合成して蓄えようとするのと同時に、脂肪の燃焼を抑えてしまいます。

こうした働きをしてしまうことからインスリンは別名「太らせホルモン」とも呼ばれているのです。

糖質制限はこうした悪循環をなくし、インスリンの正常な働きを助けることにつながります。

糖質制限にはもうひとつ、いいことがあります。

糖(グルコース)には中毒性があり、炭水化物や甘いものを食べれば食べるほど、もっと欲するようになりますが、これでは、さらなる肥満や高血糖の状態につながってしまいます。

きちんと糖質制限を行うと、炭水化物や甘いものに対する異常な執着心が減少し、精神的にも安定した生活を送ることができるようになります。

これは、ひいては肥満や糖尿病などのリスク回避につながります。

(まとめ)糖質制限すると低血糖の症状が出ることがありますか?

1. 糖質制限が原因で低血糖の症状が出ることはありません

食後に倦怠感や眠気をもよおす場合がありますが、それは糖質の多い食事によって急上昇した血糖値が急降下することで表れるケースがほとんどです。

糖質制限は、このような体へのダメージを減らす、健康維持にポジティブな食生活の方法です。

2. 健康な人が適正な食生活をすれば、血糖値は一定の範囲に

健康な人が適正な食生活を送っている場合、血糖値は一定の範囲にコントロールされ、極端に変動することはありません。

しかし、糖質を過剰に摂り過ぎると血糖値は急上昇し、インスリンの分泌が正常に行われなくなってしまう場合があります。

3. 糖質が多い食事を続けていると、隠れ糖尿病のおそれも

健康診断などの血糖値の数値が正常でも、隠れ糖尿病の可能性もあります。

炭水化物が多い食事をしている人、運動不足の人などは注意が必要です。

肥満がなくても内臓脂肪が増える「メタボリックシンドローム」と呼ばれる状態になると糖尿病を発症しやすくなります。

4. 糖質制限は、「太らせホルモン」を調整して体も心も健康に

インスリンは別名「太らせホルモン」とも呼ばれています。

糖質制限は、インスリンの正常な働きを助けることにつながります。

精神的にも安定した生活を送ることができるようになり、ひいては肥満や糖尿病などのリスク回避につながります。

ダイエットのプロ・低糖質食のエキスパート「ライザップ栄養管理士チーム」が完全監修!美味しくて続けられる「RIZAPの低糖質フード」がおススメです!

糖質制限は、糖質が含まれる食材を何でも制限する訳ではなく、食べられるお肉もあれば、飲むこともできるお酒もあります。糖質が高い食材、低い食材の基本的な知識をつけていくことでストレスのない糖質制限を続けていくことができるでしょう。

詳しくはこちら

関連記事

ダイエット中でも選べるおいしい低糖質食事
ページ上部へ戻る