糖質はどれくらいの時間で吸収されるの?

糖質摂取後1~2時間程度かけて吸収されていきます


炭水化物に含まれている糖質を摂取すると、体内でブドウ糖に変えられます。

そしてこのブドウ糖の状態で、体の各所へ吸収されていきます。

糖質の種類や体質にもよりますが、時間にしてだいたい1~2時間をかけて取り込まれることが多いです。

時間を気にせずに食べてしてしまうと、肥満や血糖値上昇の原因となるため、一定時間空けるなどの工夫が大切です。

食事の後には一定の時間を空けることが大切です

糖質を摂るうえで気をつけたいこととして、短時間でのドカ食いがあげられます。

一気に摂取した糖質は、体内で取り込まれやすいためです。

また、吸収までの目安である1~2時間という間隔を考えて、次の食事までに時間を空けることも大切です。

一般的には、だいたい2~3時間空けることが好ましいとされています。

そうすることで、糖質の吸収は穏やかになり、また血糖値も上がりにくくなるといわれています。

またポイントとして、早食いもおすすめできません。

この場合、少量であっても糖質が取り込まれやすい状態となってしまうためです。

そのため、適量をゆっくり食べることが大切です。

また、どうしても食べたいときには2~3時間空けるといったことを意識しましょう。

その他では、食後のデザートを控えることも重要です。

食事をするとすい臓からインスリンというホルモンが分泌され、糖が吸収されやすい状態になります。

食後は、まさにインスリンが高まっている状態であるため、そこに糖質を多く含むデザートが取り込まれると肥満に繋がりやすいのです。

デザートを好む人は少なくないと思いますが、ダイエット中や糖質制限中に関しては控えましょう。

糖質の吸収を抑える食べ方があります


同じ食事内容であっても、順番や調味料を少し意識するだけで、吸収を和らげることが可能です。

例えば、順番を考える方法です。

食事にはごはんやパン、肉、野菜などさまざまな種類があると思われます。

糖質の吸収を穏やかにするのであれば、野菜を先に摂るベジタブルファーストの心がけを持ってみてください。

これにより、最初に腸内を食物繊維で満たすことができ、糖質や脂質が吸収されにくくなってくれるのです。

そして次に、合わせて吸収がゆるやかになる調味料を摂る方法です。

まず一つに、酢がおすすめです。

酸っぱさの理由であるクエン酸が、腸における吸収を和らげてくれます。

またオリーブオイルも、小腸で血糖値のコントロールをしてくれるホルモンを出す働きがあり、効果が期待できます。

その他では、オクラや納豆といったねばねばした食材も有効です。

ねばねばが糖質をコーティングすることで、こちらもまた吸収を穏やかにできるといわれています。

ちょっとした工夫や身近な食材で実践できるポイントなので、ぜひ取り入れてみてください。

ポイントをおさえて糖質制限を行いましょう

糖質を控えるにあたり、糖質制限を考える人は少なくないでしょう。

健康を考えるうえで、糖質量を抑えられれば、それに越したことはありません。

しかし、ただむやみに量を減らすという方法には危険があります。

注意点を抑えたうえで、実践するようにしましょう。

多くの方が取り入れがちなのが、朝食を抜いて他の食事でしっかり食べるといった方法でしょう。

一食分抜くため糖質の量をしっかり抑えることができます。吸収を抑えるうえで適切といえません。

なぜなら、空腹状態における糖質の多量摂取もまた、インスリン上昇に繋がるためです。

インスリンは、先ほど紹介したように糖質の吸収を活性化させるホルモンです。

糖質を制限する場合でも、完全に一食抜くのではなく、あくまで量を減らす形でおこなうようにしましょう。

炭水化物などの糖質を減らして、野菜を多く摂るよう心がけると効果的です。

(まとめ)糖質はどれくらいの時間で吸収されるの?

1.糖質摂取後1~2時間程度かけて吸収されていきます

糖質は、体内に摂取されるとまずブドウ糖へと変換されます。

そしてこの状態で、体内各所へと吸収されていきます。

吸収には、摂取後1~2時間ほどかかるといわれています。

2.食事後には一定の時間を空けることが大切です

糖質は摂取してから1~2時間程度で吸収されるといわれています。

そのため、ある程度の量の食事をした後は、2~3時間空ける意識を持ちましょう。

また、早食いや食後のデザートを控えることも大切です。

3.糖質の吸収を抑える食べ方があります

食事内容は変えずに糖質の吸収を抑えることも可能です。

具体的には食事をする順番や調味料、小鉢の工夫を意識することがあります。

これにより急激な血糖値上昇を抑え、肥満防止の効果も期待できます。

4.ポイントをおさえて糖質制限を行いましょう

糖質制限は、体質改善などにおいて有効とされる方法です。

しかし、朝食を完全に抜くといった方法はおすすめできません。

次回の食事でインスリンが増えやすくなるため、逆効果になる可能性もあります。

ダイエットのプロ・低糖質食のエキスパート「ライザップ栄養管理士チーム」が完全監修!美味しくて続けられる「RIZAPの低糖質フード」がおススメです!

糖質制限は、糖質が含まれる食材を何でも制限する訳ではなく、食べられるお肉もあれば、飲むこともできるお酒もあります。糖質が高い食材、低い食材の基本的な知識をつけていくことでストレスのない糖質制限を続けていくことができるでしょう。

詳しくはこちら

関連記事

ダイエット中でも選べるおいしい低糖質食事
ページ上部へ戻る