低糖質で脳はエネルギー不足にならない?

低糖質の食事では脳に代わりのエネルギーが届きます


脳の主なエネルギー源は、糖質のなかで糖類に分類されているぶどう糖です。

そのため、低糖質の食事では脳のエネルギーが足りなくなるといわれます。

ぶどう糖は脳にとって大切なエネルギー源ではありますが、摂取するぶどう糖が不足してもそれを補う仕組みがあるため、脳のエネルギー不足にはならないとされます。

糖質は体に消費されやすいエネルギー源です

低糖質の食事でエネルギー不足になるといわれるのは、糖質が利用されやすいエネルギー源だからです。

糖質には単糖がたくさんつながった多糖類や、ひとつの単糖からなるぶどう糖や果糖、二つの単糖がつながった砂糖などがあります。

ぶどう糖や果糖、砂糖は糖質のなかでも糖類という分類になります。

体に取り込まれた糖質は、分解されて最小単位であるぶどう糖や果糖になって体に吸収されます。

ぶどう糖は消費しやすいエネルギー源であり、脳の主なエネルギー源でもあります。

脳に送られる物質は、血液脳関門と呼ばれる仕組みで制限されています。

ぶどう糖はここを通過することができますが、糖質制限時に発生する脂肪酸は通過できないとされます。

そのため脂肪酸は脳の直接のエネルギー源とはなれないので、ぶどう糖が重要視されているのです。

しかし、脂肪酸を燃焼するときに生じるケトン体という物質は、脳の血液脳関門を通過してぶどう糖に代わるエネルギー源になれるといわれています。

また、肝臓や筋肉にぶどう糖が貯蔵されていて、そこから必要なぶどう糖を利用できることからも、低糖質であっても極端な食事制限を行わなければ問題はないと考えられます。

低糖質の食事を取ることでイライラする可能性があります


炭水化物を減らしたり、甘いものを制限したりして糖質の摂取量が減ることでイライラしたり集中力が低下したりするので糖質制限は良くないという考えがあります。

脳へのエネルギーが足りないからだといわれますが、低糖質の食事でもほかの栄養素をバランス良く摂れば、エネルギー不足や低血糖の心配はないでしょう。

なぜ炭水化物や甘いものを制限して集中力の低下やイライラがみられるかというと、これは糖質の過剰摂取によるものです。

砂糖はぶどう糖と果糖が結合したもので、体内での消化吸収がされやすい糖質の一つです。

素早くエネルギーとなることができて、脳の働きを良くするとされます。

しかし甘くておいしい嗜好品でもある砂糖は、食べることでドーパミンや幸福感につながるセロトニンが分泌されるという面もあります。

低糖質の食事で出るイライラや集中力低下は、普段よりも糖質の摂取量が減ることが関係しています。

甘いものが欲しくて辛い症状に襲われても、しばらく摂取量を控えることで体が慣れてくるため症状も治まるでしょう。

たんぱく質をはじめ糖質以外の栄養素をしっかりと摂ることが大切です

糖質の摂取量を減らすことで、脂肪や筋肉に貯蔵されているエネルギー源を使用します。

筋肉や肝臓に貯めてあったぶどう糖、脂肪酸を分解して作られるケトン体などがエネルギー源になります。

筋肉にあるたんぱく質を分解することでもエネルギーを補給するため、低糖質の食事を続けると筋肉量が減ってしまうと心配する人もいるでしょう。

たしかに体内の糖質不足を補うために筋肉のたんぱく質を分解して筋肉を減らしてしまう可能性はあります。

そうならないために、糖質以外の栄養はきちんと摂りましょう。

糖質の代わりのエネルギー源となるたんぱく質や脂肪をきちんと摂ることが大切です。

脂肪というとダイエット中は敬遠されがちですが、脂も体に必要な栄養素です。

特に良質な脂肪酸は健康効果もあるので、しっかりと摂りたいところです。

もちろん、筋肉の材料となるアミノ酸を含むたんぱく質もきちんと摂りましょう。

しっかりとたんぱく質などを摂りながら、筋トレを組み合わせることで筋肉量を維持できます。

低糖質の食事をするだけでなく、ほかの栄養素を摂りながら運動を合わせることが代謝の向上が期待できます。

(まとめ)低糖質で脳はエネルギー不足にならない?

1.低糖質の食事では脳に代わりのエネルギーが届きます

糖質のなかでもぶどう糖は脳にとって重要なエネルギー源です。

しかし摂取量が不足しても、それを補うことができるためエネルギー不足にはならないと考えられています。

2.糖質は体に消費されやすいエネルギー源です

糖質は体や脳にとって使いやすいエネルギー源です。

そのため、制限するとエネルギー不足が心配されますが、肝臓や筋肉に蓄えられたぶどう糖や脂肪酸を燃焼して生じるケトン体も代わりとなれるため、エネルギー不足にはならないと考えられます。

3.低糖質の食事を取ることでイライラする可能性があります

低糖質の食事をして感じるイライラや集中力低下は、それまで糖質を過剰摂取していた人に起こりやすいです。

極端な食事制限をしなければ、エネルギー不足や低血糖の心配はないでしょう。

4.たんぱく質をはじめ糖質以外の栄養素をしっかりと摂ることが大切です

糖質制限では筋肉を減らして基礎代謝を落とさないために、糖質以外の栄養素をきちんと摂ることも大切です。

きちんとたんぱく質を摂り筋トレなどの運動を取り入れていきましょう。

ダイエットのプロ・低糖質食のエキスパート「ライザップ栄養管理士チーム」が完全監修!美味しくて続けられる「RIZAPの低糖質フード」がおススメです!

糖質制限は、糖質が含まれる食材を何でも制限する訳ではなく、食べられるお肉もあれば、飲むこともできるお酒もあります。糖質が高い食材、低い食材の基本的な知識をつけていくことでストレスのない糖質制限を続けていくことができるでしょう。

詳しくはこちら

関連記事

ダイエット中でも選べるおいしい低糖質食事
ページ上部へ戻る