糖質制限中に食事を夜中食べるのはあり?

糖質制限中に夜中食べるのは太る原因になります


いくら糖質量を制限していても、糖質制限中に夜中に食べるのはよくありません。

夜21時以降の食事を禁止しているダイエットを聞いたことがある人もいるでしょう。

これは、夜間はエネルギー消費量が落ち、体に脂肪を溜めやすい時間帯のためです。

糖質量を気にするだけでなく、食べる時間も意識することが糖質制限を成功させるポイントになります。

夜中は消費カロリーが少なくなる時間帯です

糖質制限の基本は糖質量を減らすことで、摂取カロリーを減らす必要はありません。

そんな糖質制限において、なぜ夜中に食べるのはだめなのかと思う人もいるでしょう。

やはり糖質制限を行ううえでも、一日の消費エネルギーを摂取エネルギーが超えてしまうのはよくありません。

いくら低糖質な食事で体に脂肪が作りにくい環境を作ったとしても、余ったエネルギーは脂肪となり体内に蓄積されてしまいます。

日中は体を動かしエネルギーを消費しますが、夜になると活動量が減るので消費するカロリーが少なくなります。

そのため、夜遅く食べたエネルギーが消費しきれずに余ってしまうのです。

また体を休める夜は日中と比べて副交感神経が優位になるといわれています。

副交感神経が優位の状態だと基礎代謝が下がるため、夜はエネルギー消費が悪くなると考えられています。

エネルギー消費は朝や日中のほうが高く、夜に向けて低くなるというのは、体のリズムとして自然なことです。

そのリズムに合わせて食事をすることが、健康で痩せやすい体作りに必要だと考えられます。

夜は脂肪を溜め込むたんぱく質の働きが活発になります


夜に食べるのが良くない理由として、BMAL1と呼ばれるたんぱく質が関係しています。

これは脂肪を蓄積しやすくする働き、肝臓や筋肉での脂肪燃焼を抑えるとされるものです。

このBMAL1は1日のなかで分泌量が変わり、ピークとなるのは夜の10時から深夜2時といわれています。

そのため、この時間に食事をするとより脂肪に変わりやすいといわれています。

また、糖質や脂肪の代謝を行う肝臓やインスリンの分泌を行うすい臓も、21時以降は休息の時間といわれています。

その時間帯に糖質を摂ると、太りやすくなると考えられているため、夜は21時までに食事を終えておきたいところです。

夜中に食べるのを控えることはもちろんですが、夜の食事は朝や昼よりも軽めにすることをおすすめします。

糖質制限は3食すべてでしっかり行う方法から、1食だけ低糖質を心がける緩やかな方法があります。

1食だけ糖質を抑える場合は、夜を軽めにして低糖質にするのをおすすめします。

糖質が脂肪に変わりにくい朝や昼にしっかり食べて、体を休める夜は控えめにするのは体の働きを考えると理に適っているといえます。

夜中に食べるときは消化されやすいものを選ぶことが大切です

夜中に食べるのが良くないと分かっていても、どうしてもお腹が空いてしまった場合の対処法をご紹介します。

温かいものを取る

基本的には、温かいものをおすすめします。

胃腸が温まり消化しやすいこと、その後の寝つきを良くしてくれること、夜の冷え対策に良いなどの理由があるからです。

どうしても食べたいというときは、なるべく低カロリーで消化に良いものにしましょう。

胃腸の負担となる脂肪の多いものや、糖質が多いもちろん避けてください。

例えば、海藻やキノコ、豆腐などの低カロリー・低糖質な具材のお味噌汁は夜食に向いているでしょう。

ヨーグルト

ヨーグルトは低カロリーで、ダイエット中の間食の定番といえます。

消化も良いですし、乳酸菌を摂ることでお腹の調子を整えてくれる効果も期待できます。

もちろんお砂糖をたっぷり入れては意味がありません。

カロリーオフの甘味料などで代用しましょう。

特にホットヨーグルトにしてゆっくりと飲むことがおすすめです。

温かいヨーグルトをゆっくり飲むことで、より満足感が得られるでしょう。

(まとめ)糖質制限中に食事を夜中食べるのはあり?

1.糖質制限中に食事を夜中食べるのは太る原因になります

糖質制限中、夜中に食べるのはよくありません。

夜中は体に脂肪を溜めやすい時間帯のため、21時以降に食事を取らないようにすることが大切です。

糖質を控えるだけでなく、食事の時間帯にも気を付けて糖質制限を行いましょう。

2.夜中は消費カロリーが少なくなる時間帯です

体のリズムとして、夜は消費エネルギーが少なくなります。

夜にカロリーを摂り過ぎると体に余分なエネルギーが残り、脂肪の元になってしまいます。

そのため、夜に食べるのは良くないのです。

3.夜は脂肪を溜め込むたんぱく質の働きが活発になります

体の働きを考えると、夜は休息の時間です。

夜は脂肪を燃焼する働きが弱く、脂肪を蓄えやすいと考えられます。

夜中に食べるということは、体の働きを考えても良くないので控えましょう。

4.夜中に食べるときは消化されやすいものを選ぶことが大切です

夜中に食べるのが良くないと分かっていてもどうしても食べたいときは、なるべく低糖質低カロリーなものを摂るようにしましょう。

少しでも満足感を得やすく、消化しやすくするためにおすすめなのは温かい食べ物や飲み物です。

関連記事

ダイエット中でも選べるおいしい低糖質食事
ページ上部へ戻る