糖質制限で動悸が起こることってあるの?

間違った糖質制限をすることで動悸が起こることがあります


糖質制限は糖質の摂取を制限して血糖値を抑え、インスリンの分泌量を減らしていきます。

インスリンが減ることで糖質を脂肪として蓄えることを抑えられるだけでなく、脂肪が燃焼しやすい状態へと変化するためダイエット効果を得ることも期待できるようです。

しかし、糖質を補う栄養素を十分に摂っていない場合には不調を訴える人もいるといわれています。

動悸が起こるのは、糖質以外の栄養素の摂取も制限してしまい、エネルギー不足の状態に陥るからです。

糖質以外の栄養素を必要以上に制限してしまうのは、間違った糖質制限方法といえます。

エネルギー不足が起こると動悸がすることがあります

糖質制限は、ダイエット効果や健康への良い効果が期待できると考えられています。

その人気も高いものですが、間違った方法で行うと動悸などの不調を起こすリスクもあるようです。

糖質制限を行うと、エネルギーを作るもとの糖質が減ってしまいますが、体脂肪などが代わりのエネルギーとなるため、その影響でダイエット効果をもたらすと考えられています。

人の体は、糖質以外の栄養素や体内に蓄積されたものからエネルギーを作ることができるといわれています。

そのため、糖質制限ダイエットでは、糖質以外の栄養は十分に摂取する必要があります。

糖質制限時に糖質以外の栄養素も足りなくなると、エネルギーを作れずに低血糖の症状として動悸が起こることがあるようです。

糖質制限中は肉・魚などからたんぱく質や資質を摂取することが必要です


糖質制限中には、動悸を起こさないように注意が必要です。

糖質制限をしていて動悸が起こりやすくなった場合には、栄養不足の可能性が高いというのは前述の通りです。

栄養不足にならないためには、糖質以外でエネルギーを作ってくれる栄養素を十分に補給しなければいけません。

糖質制限はダイエットなどで行うことが多く、痩せたいと思って始める人が多いため、糖質以外の栄養素も抑えがちになりやすいものです。

しかし、糖質の代わりにエネルギーになったり、体を作るもとになったりする食品は積極的に摂取したいところです。

肉や魚などは通常のダイエットでは避けたい食材として考えられることが多いですが、糖質制限では摂取することが必要となります。

ただし、摂りすぎてしまえばカロリーオーバーとなり、ダイエット効果が期待できなくなるでしょう。

自分の毎日の消費カロリーを理解して、それを過剰に上回らないようにコントロールすることが必要となりそうです。

軽めの糖質制限から始める方法もあります

いきなり3食の糖質制限をするのが不安という方は、1日1食の主食の置き換えからはじめるプチ糖質制限と言われる方法もあります。

これならば、栄養不足の心配はありませんし、徐々に慣れていったところで、2食、3食と主食を置き換える方法にスライドして糖質制限を進めていくこともできるでしょう。

ただ、正しい糖質制限を行えば、動悸の心配はありませんし、効率よく脂肪を落としていくことも可能です。

自分の判断で糖質制限を行っていくこともできますが、プロの指導を受ける方法が一番であるといえるでしょう。”

(まとめ)糖質制限で動悸が起こることってあるの?

1. 間違った糖質制限をすることで動悸が起こることがあります

糖質制限で動悸が起こるのは、間違った方法をとったことで栄養が不足してしまう場合です。

糖質以外の栄養素を必要以上に制限するのは、間違った方法であるため注意が必要といえます。

2. エネルギー不足が起こると動悸がすることがあります

糖質制限ダイエットでは糖質を減らすことで他の栄養素や体内からエネルギーを作り出すことを目指します。

ところが糖質以外の栄養素を十分に摂らないと、エネルギーが不足し低血糖で動悸が起こる可能性があるようです。

3. 糖質制限中は肉・魚などからたんぱく質や資質を摂取することが必要です

糖質制限で動悸が起こらないようにするためには、肉や魚などからたんぱく質や脂質の摂取が必要となります。

ほかのダイエットでは避ける食材ですが、糖質だけでなくほかの栄養素まで制限するのはリスクとなるでしょう。

4. 軽めの糖質制限から始める方法もあります

糖質制限は、1日1食の主食を低糖質食品に変える軽めの方法からチャレンジすることもできます。

このように自分で方法を調整することもできますが、正しい方法で行えば、動悸の心配もなく効率よく痩せることができるため、プロの指導を受けるのもひとつの手だといえます。

ダイエットのプロ・低糖質食のエキスパート「ライザップ管理栄養士チーム」が完全監修!美味しくて続けられる「RIZAPの低糖質フード」がおススメです!

糖質制限は、糖質が含まれる食材を何でも制限する訳ではなく、食べられるお肉もあれば、飲むこともできるお酒もあります。糖質が高い食材、低い食材の基本的な知識をつけていくことでストレスのない糖質制限を続けていくことができるでしょう。

詳しくはこちら

関連記事

ダイエット中でも選べるおいしい低糖質食事
ページ上部へ戻る