糖質制限を行なうと老化しにくくなる?

糖質制限を行なうと、体の中で老化の原因となる物質が作られるのを防ぐことができます


老化に関する研究が進む中で、「AGEs(終末糖化産物:Advanced Glycation End Products)」という、タンパク質と糖が加熱されてできた物質が老化を早める原因になっていることが分かってきました。

AGEsが体内に蓄積されると、肌の弾力が低下するなど、さまざまな老化が進むといわれています。

AGEsが体内に蓄積される仕組みは大きく2つあります。

ひとつは体内で作られる経路です。

血中のブドウ糖が過剰になってあふれ出すと、体の細胞や組織を作るタンパク質と結びつき、体温で熱せられて糖化してAGEsとなるのです。

もうひとつは、食品や飲み物から取り込んでしまうAGEsです。

ホットケーキを例に考えてみましょう。

小麦粉(糖質)と卵や牛乳(タンパク質)を混ぜて加熱するとホットケーキができますが、表面のこんがりしている所が糖化(タンパク質と余分な糖が結びついてタンパク質が変性)した部分で、ここにAGEsが発生しているのです。

AGEsの一部は消化の段階で分解されますが、排泄されなかったものは体内に蓄積され続け、それがさまざまな老化を進ませると考えられています。

糖質制限を行なうと、AGEsの生成や蓄積を防ぎ、結果として老化しにくい体になるのです。

摂り過ぎた糖質は、肌を老化させます

タンパク質と糖が加熱されてできたAGEsは、さらにタンパク質を変性させ、炎症や酸化ストレスを高めて老化を促進すると考えられています。

AGEsは細胞外の結合組織に蓄積して、コラーゲンやエラスチンなど結合組織のタンパク質をクロスリンク(架橋)して変性させ、弾力性を低下させます。

これにより、肌のハリと弾力がなくなる、たるみが目立つ、肌がくすむ、透明感がなくなる、などが起こります。

血管で起これば、血管が硬くなり、破壊される原因となるのです。

肌では日常的に、さらにシワやほうれい線が目立つ、肌表面の角質が厚くなる、肌荒れや唇のカサつきが目立つ、肌のキメが粗くなる、シミが目立つなどの老化が進行します。

こうした現象は、甘いケーキやお菓子を食べ過ぎたなど、糖質を摂り過ぎた日に突然起こるのではなく、少しずつ進んで行きます。

つまり、糖質の摂取量は、日々注意することが大切なのです。

老化の原因物質は他の機能の老化も進ませます


体の細胞には、消化管粘膜上皮や血液細胞のように再生によって絶えず入れ替わっているものもあります。

こうした細胞はタンパク質のクロスリンク(架橋)や変性が起こっても新しい細胞に生まれ変わるため、若い状態を維持することができます。

しかし、寿命が長い細胞はクロスリンクや変性が蓄積されますので機能障害を起こすことになります。

血管のコラーゲンやエラスチンも寿命が長いため、AGEsの蓄積によって影響を受けます。

血管が老化して硬くなると動脈硬化など血液循環が悪くなり、健康を維持することが困難になります。

この他、白内障もタンパク質の糖化が原因といわれています。

眼のレンズにあたる水晶体を満たすクリスタンというタンパク質は補充や交換ができません。

これが糖化して変性が進行すると硬くなり、透明度が低下して視力に障害が出て白内障となるのです。

糖質を制限することは、これらを防ぐことにもつながります。

糖質制限は、全身の健康と若々しさを維持する事と関わりがあります

糖質を摂り過ぎて起こるAGEsの生成と蓄積は、骨をもろくさせてしまう骨粗しょう症や、脳神経が正常には働かない認知症(アルツハイマー症)を引き起こすことの一因とも考えられています。

AGEsは血糖値が高いほど、体内でタンパク質と結びついて発生します。

そして糖質が過剰である時間が長ければ長いほどAGEsは蓄積し続けます。

またAGEsを含む食べ物を頻繁に食べることも、蓄積量を増やすことになります。

反対に考えれば、糖質の量を制限して摂取することや、AGEsを含んだ食事を制限することでAGEsの蓄積を防ぎ、老化しにくい体を作ることができるのです。

自分の年齢、体格や体調を鑑み、適正な糖質制限を行なうことは全身の健康と若々しさを維持することにつながるといえるでしょう。

(まとめ)糖質制限を行なうと老化しにくくなる?

1.糖質制限を行なうと、体の中で老化の原因となる物質が作られるのを防ぐことができます

糖とタンパク質が結びつくとAGEsという老化促進物質が作られます。AGEsの一部は分解されますが、残りは体内に蓄積され続けます。糖質制限を行なうとAGEsの生成を防ぎ、摂取を減らすことになるため、老化しにくい体になるのです。

2.摂り過ぎた糖は、肌を老化させます

糖質制限を行なうことで、肌のハリと弾力がなくなる、たるみが目立つ、肌がくすむ、透明感がなくなる、シワやほうれい線が目立つ、肌表面の角質が厚くなる、肌荒れや唇のカサつきが目立つ、肌のキメが粗くなるなどの老化を遅らせることができます。

3.老化の原因物質は他の機能の老化も進ませます

血管が老化して硬くなると血液循環が悪くなって健康を維持することが困難になります。また目のレンズにあたる水晶体が糖化して透明度が低下する白内障も起こります。糖質制限を行なうことでこれらを予防することにつながります。

4.糖質制限は、全身の健康と若々しさを維持と関わりがあります

過剰な糖質摂取は骨粗しょう症や認知症の一因になるともいわれています。

糖質制限を行なうことが老化物質と考えられている悪い物質の蓄積を防ぎ、老化の進行を遅らせて健康と若々しさを維持することにつながります。

関連記事

ダイエット中でも選べるおいしい低糖質食事
ページ上部へ戻る