糖質制限は病気予防にもなるの?

糖質制限はある種の病気になりにくい体作りができるかもしれません


糖質制限では、食事から糖質を減らして血液中のブドウ糖を抑え、脂肪をエネルギーとして消費しやすくします。

血糖値の急上昇を抑えたり、体脂肪を減らしたりすることで、体内環境を改善することが期待できます。

そのため、メタボリック症候群や生活習慣病などのある種の病気になりにくい体作りには役立ちそうです。

また、血糖値をコントロールするホルモンの分泌を抑えることができるため、副腎の機能を正常化することでアレルギーが起こりにくくなるのではないかとも考えられています。”

セルフケアの糖質制限では病気を改善することは難しいです

糖質制限は、一部の医療機関などでも用いられている食事制限の一つです。

しかし、私たちがダイエット目的で行っているセルフケアの糖質制限と病院の食事制限は内容が異なります。

治療の糖質制限は医師や栄養士などの管理のもとで行われているため、その人の病状や体調に合わせた正確な制限を行うことが可能となりますが、セルフケアでは行えません。

そのため、すでに病気になっている人やリスクの高い人は、セルフケアで糖質制限を行っても改善が難しいのです。

それどころか、無理な制限をしてしまうことで体に悪影響を及ぼす恐れもあります。

病気を治したいという場合には、決してセルフケアで行おうとせず、きちんと医師の診断と指導を受けて治療を行いましょう。

また、糖質制限には向いていない病気もあるため、持病がある人は糖質制限を始める前に医師に相談しておくようにしましょう。

糖質制限では病気になりにくい健康的な状態を目指します


糖質制限では、糖質をコントロールすることで病気になりにくい体を作ることを目指します。

糖質は体内に摂取された後に、ブドウ糖として血液に入ります。

血液内のブドウ糖の量を血糖値で表しますが、血糖値が上がるとインスリンというホルモンが分泌されます。

インスリンはブドウ糖をエネルギーに変えるものですが、ブドウ糖が増えすぎるとそれを脂肪に変えて蓄積する性質を持っています。

糖質を制限することで、インスリンが脂肪に変える働きを抑制し、体脂肪を減らすことができると考えられています。

また、糖質が足りなくなることで、体脂肪からエネルギーを作ろうとするため、脂肪を減らすことも可能とされています。

そのため、太りすぎを改善して生活習慣病などの病気のリスクを減らすことができると考えられているのです。

さらに、血糖値を急上昇させなければ、抑えるためのホルモンを分泌させる必要もありません。

血糖値を抑えるホルモンは、アレルギーを抑えるホルモンでもあり、同じ箇所から分泌されます。

血糖値にホルモンを使いすぎなければ、アレルギーを抑えるためにその機能を使うことができるため、アレルギーの抑制も期待できるといわれています。

また、体内のこうした変化を抑えることで、自律神経のバランスを安定させることもできるでしょう。

肥満はメタボリック症候群や生活習慣病を引き起こします

太りすぎは、さまざまな病気のリスクとなり、肥満を引き起こした食事も健康に悪影響を与えやすくなります。

肥満はメタボリック症候群を引き起こし、糖尿病や心臓病、がんなどの病気のリスクを高めるといわれています。

肥満を解消することは病気を予防するための大切な第一歩であり、糖質制限はダイエットと体内環境の改善に良い影響があると考えられています。

糖質制限では、血液の状態を改善することができるといわれています。

ブドウ糖が血液中に多い状態では、血管内を傷つけて動脈硬化などの原因となります。

しかし、糖質の摂取量をコントロールすることで血管内の環境を整え、生活習慣病のリスクの低下が期待できます。

また、糖質制限をすることで、インスリンが効率よく働くようになるといわれています。

そのため、糖尿病の予防にもつながるといえるでしょう。”

(まとめ)糖質制限は病気予防にもなるの?

1.糖質制限はある種の病気になりにくい体作りができるかもしれません

糖質制限は、血糖値を急上昇することを抑え、脂肪を燃焼しやすい体内環境を作るといわれています。

そのため、生活習慣病やアレルギーなどを抑える効果が考えられています。

2.セルフケアの糖質制限では病気を改善することは難しいです

セルフケアによる糖質制限ではある程度の健康向上は期待できますが、医師の管理によるものではありません。

そのため、病気の治療効果は期待できないのです。

また、病気になっている人が自分で糖質制限をすると悪影響を及ぼす恐れもあります。

3.糖質制限では病気になりにくい健康的な状態を目指します

糖質制限では、インスリンの働きを抑制することで体重の過多を改善し、健康的な体を作ります。

また、血糖値を急に上昇させないことでホルモンバランスや自律神経のバランスを整えるといわれています。

4.肥満はメタボリック症候群や生活習慣病を引き起こします

肥満は病気になるリスクを高める原因となり、メタボリック症候群や生活習慣病の起因と考えられています。

糖質制限で肥満を解消することができれば、こうした病気を予防することができそうです。

ダイエットのプロ・低糖質食のエキスパート「ライザップ栄養管理士チーム」が完全監修!美味しくて続けられる「RIZAPの低糖質フード」がおススメです!

糖質制限は、糖質が含まれる食材を何でも制限する訳ではなく、食べられるお肉もあれば、飲むこともできるお酒もあります。糖質が高い食材、低い食材の基本的な知識をつけていくことでストレスのない糖質制限を続けていくことができるでしょう。

詳しくはこちら

関連記事

ダイエット中でも選べるおいしい低糖質食事
ページ上部へ戻る