糖質制限による花粉症への影響は?

糖質制限では自然に花粉症を抑える成分が出る効果が期待できます


糖質制限をすると、食事で急激に血糖値を上昇させたり、それを降下しようと体が機能したりすることが減ると考えられます。

その分内臓の負担が減るため、他のことに力を使うことができるようになるようです。

花粉症のようなアレルギーには、ステロイドというホルモンが有効に働くとされています。

血糖値を抑えるためのホルモンとステロイドは同じ内臓から出ているため、血糖値が落ち着いていると花粉症を抑えるホルモンが出やすくなるようです。

糖質制限では花粉症に影響する内臓をいたわります

糖質制限は、花粉症に良い影響を与えるための機能を亢進させることができると考えられています。

糖質制限の食事を取ると、通常の食事とは違い食後の血糖値が急激に上がらなくなるといわれています。

血糖値が上がるということは、血液中にエネルギーのもととなるブドウ糖が増えたということです。

ブドウ糖が増えると、それをエネルギーに変えるためにインスリンというホルモンが分泌されます。

インスリンは余った糖質を脂肪へと変える働きもあり、それを防ぐことを目的としているのが糖質制限です。

しかし、血糖値が高くなりすぎるとインスリンが大量に出て、今度は血糖値が下がりすぎてしまいます。

下がりすぎた血糖値をもとに戻すのは、副腎という部分から分泌されるアドレナリンやコルチゾールというホルモンです。

副腎が血糖値のために働きすぎると、花粉症などのアレルギーの時に必要なステロイドホルモンを分泌できなくなります。

このステロイドホルモンも副腎から分泌されています。

そのため、血糖値を穏やかに保つ糖質制限は、副腎の過労を押さえて花粉症への効果を高めることができると考えられているのです。

糖質制限で花粉症に効くステロイドホルモンが出やすくなります


糖質制限により、副腎の機能を使いすぎないようにすることで、花粉症に有効なステロイドホルモンを分泌しやすくなると考えられています。

コルチゾールは血糖値を下げるためにも使われますが、天然の副腎皮質ホルモン、つまりステロイドホルモンであり、花粉症にも必要なものです。

コルチゾールは花粉症などのアレルギーを抑える働きも持っていますが、血糖値のコントロールで副腎を酷使してしまうと、いざという時に花粉症のために働くことができません。

そのため、このホルモンを必要な時に分泌させるために、糖質制限で血糖値のコントロールに使わずに済むようにしておくことが有効と考えられているのです。

また、糖質制限を行うことで自律神経のバランスも整うと考えられています。

自律神経は内臓の機能をつかさどるものであり、自分の意思で動かすことができないため、つねに正常な状態に保つことが必要です。

自律神経が整っていれば、適切なタイミングで内臓の働きを活発にしてホルモン分泌を活性化することもできるでしょう。

糖質制限でも過剰な高カロリー高たんぱくには注意しましょう

糖質制限の食事では、糖質は減らさなければいけませんが、それ以外の栄養素は十分に摂ることが必要です。

特にたんぱく質は体を作るもとになりますし、さらに糖質に代わるエネルギーでもあるため、しっかりと摂取しなければなりません。

しかし、高たんぱくや高カロリーの食事は、花粉症に悪影響を与えるとされています。

たんぱく質は免疫物質を作るために必要な栄養素と考えられていますが、多く摂りすぎることで免疫機能が過剰に働いてしまう恐れがあります。

そのため、花粉症の症状が悪化するといわれているのです。

糖質制限ダイエットであっても、たんぱく質やカロリーを必要以上に摂取することは良くないため、適切な量に抑えて食べ過ぎないようにしましょう。

(まとめ)糖質制限による花粉症への影響は?

1.糖質制限では自然に花粉症を抑える成分が出る効果が期待できます

糖質制限では血糖値の急降下を抑えることによって、膵臓や副腎の機能が働きすぎになるのを抑えられます。

そのため、花粉症などのアレルギーを抑えるステロイドという成分を体で作りやすくなると考えられます。

2.糖質制限では花粉症に影響する内臓をいたわります

糖質制限では、花粉症の症状を抑えてくれるステロイドホルモンの効率的な分泌が期待できます。

血糖値を調整するホルモンもステロイドホルモンも同じ部分が関係しているため、血糖値を穏やかにすることで機能を花粉症対策の方に使いやすくなるようです。

3.糖質制限で花粉症に効くステロイドホルモンが出やすくなります

糖質制限で血糖値を抑えておくことで、ステロイドホルモンの出る副腎の機能を疲れさせずに維持できます。

そして副腎が元気な状態であれば、花粉症のために活発にステロイドホルモンを出せるようになると考えられます。

4.糖質制限でも過剰な高カロリー高たんぱくには注意しましょう

糖質制限では糖質を減らしますが、たんぱく質は十分に摂取することができるといわれています。

しかし、花粉症では過度に高たんぱくの食事が症状を悪化させると考えられています。

関連記事

ダイエット中でも選べるおいしい低糖質食事
ページ上部へ戻る