糖質制限では吐き気を感じやすくなる?

糖質制限と吐き気には明確な関係性はないといわれています


糖質制限を行うなかで体調を崩してしまう人もいます。

しかし、そのほとんどが過度な糖質制限をしたことが原因です。

正しい方法で行っていれば、体調を崩す危険性は低いといわれています。

もしも、糖質制限をするなかで吐き気などの症状を感じたときには、糖質制限の方法を見直したりほかの原因を探したりしてみましょう。

過度な糖質制限では体に不調を及ぼす危険があります

糖質制限により体調を崩す原因には、栄養素やカロリーが足りていないことがあります。

糖質制限の効果を高めたいがために、過度な制限を行うことも体の不調につながります。

過度な糖質制限により起こりうる症状を紹介します。

  1. 低血糖
    糖質制限ではエネルギーとなる糖質を制限しますが、体のなかではたんぱく質や脂質から糖質の代わりとなるものが生成されます。

    そのため、たんぱく質や脂質を摂取していれば血糖は維持されるのですが、こうした栄養素まで制限してしまうと低血糖になりやすくなるのです。

    低血糖の代表的な症状は、めまい・だるさ・手足の震え・頭痛・吐き気などです。

  2. 栄養不足
    糖質を制限することにより、1日の摂取カロリーが少なくなってしまうことがあります。

    これは、糖質からカロリーを摂る食生活から変化するためです。

    そのため、糖質制限時には、ほかの食材から意識的にカロリーを摂る必要があります。

    しかし、なかには糖質制限と並行してカロリー制限を行う人もいます。

    カロリーが不足しがちな状態でさらにカロリーを制限することで体に必要な栄養素は不足してしまいます。

    そうした状態では、貧血・筋肉量の減少・肌荒れなどの症状が起こりやすくなるのです。

正しい糖質制限の方法を身につけることが大切です


上記で紹介した症状は過度な糖質制限を行うことで起こる症状です。

ここでは、正しい糖質制限の方法とポイントを紹介します。

糖質制限では糖質以外の栄養素を十分に摂ることが必要です。

そのなかでも、たんぱく質は積極的に摂ることが推奨されています。

たんぱく質は筋肉の元となります。

筋肉は糖質が不足すると、分解されてエネルギー源となります。

その際に筋肉量が落ちてしまうのですが、たんぱく質を摂っていれば防ぐことが可能です。

たんぱく質を摂取していないと筋肉量は低下し続け、先ほど紹介した低血糖などの症状につながるため、注意しましょう。

栄養バランスやカロリーに気をつけた食事を取ることも大切です。

たんぱく質以外にも、体に必要な栄養素は多くあります。

たとえば、脂質やビタミン類、ミネラルなどです。

ビタミンB6のように、たんぱく質や脂質の代謝を高めるものがあります。

そうした食材をバランスよく食事に取り入れることで、健康的に糖質制限を続けることができるでしょう。

また、糖質制限では1日の摂取カロリーにも意識を向けましょう。

先ほど紹介したように、糖質制限では摂取カロリーが不足しがちになります。

そのため、自分ではカロリーを摂っているつもりでも、実は足りていないといった事もあります。

1日で必要なカロリーと摂取カロリーを計算してみてもよいでしょう。

吐き気の原因にストレスが関係しているかもしれません

正しい糖質制限を行っている人で吐き気を感じた場合には、糖質制限以外のことが原因となっているかもしれません。

吐き気の原因にはいくつかの種類がありますが、1つにストレスがあります。

吐き気は、脳に自律神経が合図を出すことで起こるといわれています。

そのため、ストレスにより自律神経が乱れてしまうと、吐き気の症状が出ることがあるのです。

また、自律神経は体のあらゆる箇所に影響するため、胃の粘膜が炎症を起こし吐き気が起こるともいわれています。

ストレスの原因は人それぞれですが、糖質制限自体がストレスとなっている場合もあります。

食生活が大きく変わるため、無意識に体が負担を感じている場合もあるでしょう。

その場合は、糖質制限の食事回数を少なくするなどして、調節していくことが大切です。

(まとめ)糖質制限では吐き気を感じやすくなる?

1.糖質制限と吐き気には明確な関係性はないといわれています

糖質制限を行うなかで吐き気を感じた場合には、糖質制限の方法を見直してみましょう。

過度な制限をすることで体調を崩す可能性があり、症状として吐き気が現れることがあります。

2.過度な糖質制限では体に不調を及ぼす危険があります

過度な糖質制限は、低血糖や栄養不足といった症状を引き起こすことがあります。

吐き気だけでなく、めまいやだるさ、肌荒れなどを感じる場合は、栄養やカロリーが足りていないことが原因です。

3.正しい糖質制限の方法を身につけることが大切です

糖質制限では、筋肉の元となるたんぱく質を意識的に摂ることが大切です。

バランスが良い食事のためにも脂質やビタミンなどを取り入れるようにしましょう。

また、1日に必要なカロリーを摂ることも重要です。

4.吐き気の原因にストレスが関係しているかもしれません

糖質制限がストレスとなり吐き気を感じている場合もあります。

体がストレスを感じている場合には、制限している糖質量を見直してみることも大切です。

そして、無理のない範囲で続けていくようにしましょう。

お肉は糖質が高く、野菜が低いと思っていませんか?

糖質制限は、糖質が含まれる食材を何でも制限する訳ではなく、食べられるお肉もあれば、飲むこともできるお酒もあります。糖質が高い食材、低い食材の基本的な知識をつけていくことでストレスのない糖質制限を続けていくことができるでしょう。

糖質制限中に食べられる食材とは?

5万人以上のダイエットを成功に導いてきた「ライザップの管理栄養士チーム」が監修した「低糖質食事」は常識を覆す美味しさが盛りだくさん!
詳しくはこちら

関連記事

ページ上部へ戻る