糖質制限を行うと血圧も改善される?

糖質制限を行い血圧が下がった方もいるようです


糖質制限では、糖質の摂取量を抑えることで血液中の血糖量や食後の血糖値の上昇を防ぐことができます。

糖質制限を行ったことで血圧まで下がったケースも報告されています。

血圧の低下は、糖質制限により肥満が改善されたことやインスリンの働きが正常に戻ったことが、関係していると考えられています。

また、必ず糖質制限により血圧が下がるということではなく、人それぞれだということもおさえておきましょう。

高血糖は血圧の上昇につながります

高血糖と高血圧は深い関係にあります。

高血糖の状態では、血液の糖濃度を下げるために、血液の量が増えるといわれています。

血液の量が増えると、必然的に全身へ血液を送るために大きな圧力がかかるため、 血圧が上がります。

そのため、糖質制限により糖質の摂取量を減らすことで、高血圧の状態を防ぐことができると考えられるのです。

糖質制限により血圧が下がったと実感した方の多くは肥満体型だったそうです。

肥満の人はそうでない人 と比べると、高血圧になる可能性が高いです。

これにはいくつか理由があります。

例を挙げると

  • 血液量が多く、心臓から血液を送るために大きな圧力がかかる
  • 体脂肪により血管が圧迫される

このような理由が挙げられます。

また、内臓脂肪型肥満の方でも糖質制限により、血圧を下げることが期待できます。

これは糖質制限を行うことで 脂肪を 燃焼しやすくさせる ためであり、痩せることで肥満を解消できたことが関係していると考えられます。

現在、高血圧かつ肥満だという方は、糖質制限を行うことでそのどちらも解決できる可能性があるでしょう。

糖質制限によって脂肪をエネルギー源として使いやすくでき、効率的に脂肪を燃焼することが可能です


高血圧が改善される理由として、肥満の状態から痩せることが挙げられます。

ここでは、糖質制限により脂肪が燃焼される仕組みを紹介します。

糖質は身体活動を行う上 で必要なものです。

摂取した後は、体の中で分解されてエネルギー源に変化し、各器官で使われます。

しかし、多く摂りすぎてしまうと、そのエネルギーは脂肪に変換されて 体に蓄えられます。

糖質制限を行うことで、 糖質が脂肪へと変わることを防ぎます。

また、エネルギー源が不足するため、糖質以外からエネルギーを生み出そうとします。

このときに使われるエネルギー源が 脂肪なのです。

上記の脂肪燃焼を行う仕組みを体に作る事が、糖質制限の目的でもあります。

糖質制限は糖尿病患者の治療にも使われる方法であり、正しく実施すれば効果が期待できるでしょう。

高血圧の 原因にはインスリンも関係しています

肥満の方が高血圧になる理由の1つに、インスリン抵抗性というものがあります。

インスリンは、血糖を臓器に取り込んでエネルギーとして消費したり、たくわえたりする働きを持ちます。

インスリン抵抗性は、筋肉や脂肪などでこのインスリン が効きにくくなることです。

また、肥満により、肥大化した脂肪細胞から分泌される成分がインスリンの働きを弱める原因として考えられています。

インスリンが分泌されている状態で正常に糖質 が取り込まれないと、血液中の血糖量は減りません。

そのため、より多くのインスリンの分泌が促されるのですが、これによりさまざまな影響を体に与えるのです。

具体的には、交感神経の緊張によるアドレナリンなどのホルモンの分泌や、腎臓でのナトリウムの排泄の減少です。

これらは、どちらも高血圧の原因となります。

しかし、糖質制限により脂肪が燃焼されるようになると 、脂肪細胞から分泌される成分が減るため、インスリンが正常に機能するようになるといわれています。

そのため、糖質制限が血圧を下げるといわれているのです。

また、肥満の方以外では、糖質制限により高血圧が改善しない場合もあります。

そうした方の場合は、高血圧の原因がほかにあるといえるでしょう。

高血圧の原因には、ストレスや過労、遺伝などがあるといわれているため、そちらが関係していることもあるのです。

(まとめ)糖質制限を行うと血圧も改善される?

1.糖質制限を行い血圧が下がった方もいるようです

糖質制限をすることで、血液中の血糖量、食後の血糖値上昇を抑えることができるといわれています。

これは、糖質制限により脂肪が減少したことやインスリンが正常に働くようになったことが関係していると考えられています。

2. 高血糖は血圧の上昇につながります

糖質制限を行うことで脂肪が燃焼されやすくなります。

その結果、肥満が改善され血圧が低下することがあります。 (※必ず糖質制限で血圧が改善されるということではありません。)

また、糖質を制限すること自体が高血圧の状態を防ぐともいわれています。

3. 糖質制限によって脂肪をエネルギー源として使いやすくでき、効率的に脂肪を燃焼することが可能です

糖質制限に取り組むことで、糖質の代わりに脂肪がエネルギーとして使われるため、高血圧の原因である肥満の改善にもつながります。
糖質制限は、糖尿病の治療としても使われています。

4.高血圧の 原因にはインスリンも関係しています

高血圧の原因には、肥満によりインスリンの働きが弱くなることも関係しています。

糖質制限を行うことで脂肪が燃焼され、インスリンの働きが正常に戻るため、高血圧が改善する場合もあります。

関連記事

ダイエット中でも選べるおいしい低糖質食事
ページ上部へ戻る