糖質制限では脂質が必要?

糖質制限では脂質に限らず栄養素をバランスよく摂ることが大切です


糖質制限は、脂肪の燃焼効果が期待できるため、多くの方が取り入れていますが正しい方法を知っている人は多くないでしょう。

糖質を制限することに意識を取られてしまうと、脂質やたんぱく質などの栄養素が不足する恐れがあります。

その状態のまま糖質制限を続けていくと低血糖などの症状につながることがあるため、食事内容に気をつけることが大切です。

糖質制限ではたんぱく質や脂質が必要です

糖質制限でたんぱく質や脂質が必要な理由には、糖質制限の仕組みが関係しています。

糖質は体を動かすために使われるエネルギー源です。

この成分の摂取量を抑えていくのが糖質制限です。

その結果、今まで使われなかった箇所からエネルギーが使われるようになります。

このエネルギー源が脂肪と筋肉です。

これが糖質制限で脂肪の燃焼が期待できる理由です。

また、糖質は過剰に摂取するとインスリンホルモンの働きによって、脂肪に変えられます。

糖質制限には、このホルモンの働きを抑える効果もあるといわれています。

しかし、上記のようなメリットだけではありません。

筋肉が分解されてしまうと、基礎代謝が落ち一日に消費するエネルギー量も低下します。

つまり、痩せにくく太りやすい体になってしまうのです。

そのため、筋肉の分解を防ぐことが大切です。

筋肉の元となるのがたんぱく質ですので、糖質制限ではたんぱく質を摂ることが重要となるのです。

また、脂質が不足すると体の不調にもつながります。

そのため、上記の栄養素を摂っていくことが必要です。

糖質制限ではたんぱく質や脂質が必要です


糖質制限でたんぱく質や脂質が必要な理由には、糖質制限の仕組みが関係しています。

糖質は体を動かすために使われるエネルギー源です。

この成分の摂取量を抑えていくのが糖質制限です。

その結果、今まで使われなかった箇所からエネルギーが使われるようになります。

このエネルギー源が脂肪と筋肉です。

これが糖質制限で脂肪の燃焼が期待できる理由です。

また、糖質は過剰に摂取するとインスリンホルモンの働きによって、脂肪に変えられます。

糖質制限には、このホルモンの働きを抑える効果も期待できます。

しかし、上記のようなメリットだけではありません。

筋肉が分解されてしまうと、基礎代謝が落ち一日に消費するエネルギー量も低下します。

つまり、痩せにくく太りやすい体になってしまうのです。

そのため、筋肉の分解を防ぐことが大切です。

筋肉の元となるのがたんぱく質ですので、糖質制限ではたんぱく質を摂ることが重要となるのです。

また、脂質が不足すると体の不調にもつながります。

そのため、上記の栄養素を摂っていくことが必要です。

栄養素が不足することで低血糖などの症状が起こる場合があります

糖質制限では先ほど紹介したように糖質以外からエネルギーを得る状態を目指します。

そのためには、糖質以外の栄養素をしっかりと摂ることが大切です。

しかし、効果を早く出そうと過度な糖質制限を行う方もいますが、間違った糖質制限をし続けると栄養が不足する事によって起こってしまう症状があります。

下記で、栄養が不足することで起きる症状を見ていきましょう。

低血糖

低血糖とは、糖質を制限することでめまいやだるさなどを引き起こす症状です。

糖質制限で問題になりやすい症状ですが、栄養素が足りていれば起こる可能性は少ないといわれています。

この症状では、そのほかにも手足の震えや頭痛、吐き気を引き起こすこともあります。

さらに症状が続くと意識を失うこともあるため、注意が必要な症状です。

栄養失調

摂取している栄養やカロリーが足りていないと栄養失調を起こすことがあります。

栄養不足では、体重の減少や貧血、運動機能の低下など体にとって好ましくない状態となります。

間違った糖質制限 によりたんぱく質やビタミンなどが満足に摂れていないとこのような症状につながってしまうのです。

脂質やたんぱく質などのバランスが取れた食事をしましょう

上記で栄養素が不足することの危険性を紹介しましたが、必要な栄養素 がしっかりと取れていれば低血糖などが起こる可能性は低いです。

栄養不足にならないよう、糖質制限 で積極的に摂取したい代表的な栄養素を紹介します。

たんぱく質

糖質制限では糖質を制限するため、体の内部で糖質が不足します。

その際に、筋肉から糖を作り出すのですが、この過程で筋肉が減少します。

筋肉の低下は、糖質制限にとって好ましくないため、筋肉の元となるたんぱく質の摂取が必要なのです。

卵やまぐろ、さんまなどはたんぱく質が多く含まれており、糖質も少ないのでおすすめです。

脂質

脂質というと脂肪の原因となるものというイメージを持っている方も多いでしょう。

しかし、脂質が不足すると脂溶性のビタミンをスムーズに吸収することができなくなります。

その結果、ビタミンが体全体に回らなくなり、体の不調につながることがあるのです。

脂質が多く含まれている食材は、豚肉や牛肉などです。

これらの食材を積極的に食事に取り入れましょう。

(まとめ)糖質制限では脂質が必要?

1.糖質制限では脂質に限らず栄養素をバランスよく摂ることが大切です

多くの方が行っている糖質制限ではバランスが取れた食事をすることが大切です。

身体に必要な栄養素が不足してしまうと、低血糖などの症状にもつながるため、脂質やたんぱく質などを摂ることを意識しましょう。

2.糖質制限ではたんぱく質や脂質が必要です

糖質制限では脂肪や筋肉が体のエネルギー源として消費されていきます。

脂肪は消費されることはメリットですが、筋肉の場合は基礎代謝の低下につながります。

そのため、筋肉の元となるたんぱく質などの栄養素の摂取が必要です。

3.栄養素が不足することで起こる症状があります

体に必要な栄養素やカロリーまで 制限するような糖質制限は、危険であり間違った方法です。

低血糖や栄養失調などにつながる恐れがあり、体にダメージを与えることになるのです。

4.脂質やたんぱく質などのバランスが取れた食事をしましょう

糖質を制限するため、代わりの栄養素が重要となります。

特にたんぱく質と脂質はそれぞれ体に果たす役割も大きいため、バランスよく摂ることが求められます。

ダイエットのプロ・低糖質食のエキスパート「ライザップ管理栄養士チーム」が完全監修!美味しくて続けられる「RIZAPの低糖質フード」がおススメです!

糖質制限は、糖質が含まれる食材を何でも制限する訳ではなく、食べられるお肉もあれば、飲むこともできるお酒もあります。糖質が高い食材、低い食材の基本的な知識をつけていくことでストレスのない糖質制限を続けていくことができるでしょう。

詳しくはこちら

関連記事

ダイエット中でも選べるおいしい低糖質食事
ページ上部へ戻る