糖質制限のイライラはなぜ起こる?

糖質依存に陥っていると糖質制限をすることでイライラしやすくなります


糖質制限でダイエットを行っている人のなかには、続けているうちにイライラしてきたという方もいるでしょう。

そのような人は、日常から糖質依存に陥ってしまっている可能性が高いです。

普段から糖質を過剰に摂取している人は糖質を摂ると満足しますが、その摂取量はどんどん増えていき、繰り返すといくら糖質を摂ってもイライラを解消できなくなるのです。

糖質依存は甘いもの好きでは片づけられない問題です

甘いものを食べないとイライラしてしまう場合は、単にそれらの食べ物が好きなだけでは片づけられません。

ストレス解消方法として、運動をしたり趣味に打ち込んだりするのではなく、甘いものや炭水化物を摂ったりしてしまうようであれば、糖質に 依存しているサインといえるでしょう。

糖質依存に陥っているかどうかを見る方法として、いくつかのチェック項目を見てみましょう。

ご飯やパン、うどんが好き

多くの人はこれらの食べ物が嫌いということはないかもしれません。

しかし、お腹が空いたときにパンやおにぎりを買ってしまう傾向にある人は糖質依存の可能性が高いです。

いつもそわそわして不安

普段生活をしているなかで常にそわそわして落ち着かなかったり、不安な気持ちが続いていたりする場合は、メンタルの調子だけではなく糖質依存によって引き起こされている場合があります。

集中力がわかない

集中しなければならない場面で集中できない、頭がクリアにならないといった症状も糖質依存が関係していることがあります。

食後に眠くなる

糖質依存に陥っている人は、食後の低血糖状態によって眠くなりやすい傾向にあります。

糖質は依存性が 高いといわれています


糖質における動物実験では、脳内において人体の快感を司る脳内報酬系を、糖質が刺激することがわかっています。

また、その中毒性はとても高いと考えられています。

そして、糖質が足りなくなるとイライラするなどの症状を発します。

糖類を多く含む食べ物や飲み物をたくさん摂取したり、炭水化物を多く食べたりすると脳が快感を覚え、依存性が高くなるのです。

糖質そのものが脳内報酬系を刺激して活性化させるだけではなく、味覚として甘味を感じるとその味覚も脳内報酬系を刺激します。

さらに糖質は、脳内麻薬と言われ強い快感をもたらす物質であるβ-エンドルフィン を増加させるともいわれているのです。

脳内報酬系 で分泌されるドーパミンによって快感を得られるだけではなく、β-エンドルフィンの効果も相まってさらに強い快感となります。

食品に多く用いられている砂糖や果糖ブドウ糖液糖は、ブドウ糖と果糖がつながったり混ざったりして作られたものです。

ブドウ糖は脳の活動に不可欠な栄養素であり、脳内報酬系を刺激する物質です。

また果糖は甘味が強く、脳内報酬系への刺激をさらに強めるといわれているのです。

そのため、甘いお菓子や、ケーキ、ジュースなど砂糖や果糖ブドウ糖液糖が多く含まれる食べ物 を摂り続けると、糖質依存に陥る可能性が高くなるといわれています。

糖質制限をすることでイライラしなくなります

糖質を摂らないとイライラしてしまう糖質依存の状態から抜け出すためには、糖質制限を続けていくことが大切です。

最初は1日1食のみを置き換える糖質制限から始め、徐々に慣れていくようにすると続けやすいでしょう。

特に、以下のポイントに注意しながら、無理のない範囲で糖質制限を続けてみてください。

  • 食事のなかで炭水化物同士を摂取しない(うどんやラーメンなどとご飯を一緒に食べない)
  • 野菜も一緒に食べてバランスの良い食事にする

食べる順番も大切であり、炭水化物を最初に食べるのではなく、野菜などから食べて糖質が急激に吸収されるのを防ぐようにします。

また、血糖値の上昇率を示すGI値が低い食品を選ぶのもおすすめです。

一般的にGI値が高いとされるのは70を超える数値、GI値が低いのは60を超えない数値という線引きがなされています。

糖質制限を続けることで糖質依存から抜け出せれば、イライラすることもなくなりいつも落ち着いた気分でいられるでしょう。

また仕事や勉強をするときにも集中力が上がり、効率よく進められることが期待できます。

いつも落ち着かず不安な気持ちを抱えている人も、穏やかな気持ちに変化するかもしれません。

(まとめ)糖質制限のイライラはなぜ起こる?

1.糖質依存に陥っていると糖質制限をすることでイライラしやすくなります

糖質制限でイライラしてしまう人は、日常から糖質依存に陥っているかもしれません。

糖質依存になると糖質を摂る量がどんどん増えていき、そのうちいくら糖質を摂ってもイライラを解消できなくなってしまいます。

2.糖質依存は甘いもの好きでは片づけられない問題です

糖質制限を行っていてイライラしてしまう人は、糖質依存に陥っている可能性があります。

甘いものやパンなどが好きだったり、不安な気分が続いたり集中力がわかないといった人は危険信号です。

3.糖質は依存性が高いといわれています

糖質は、脳内で快感を覚える脳内報酬系を強く刺激することがわかっています。

その依存性はとても強いとされているのです。

また糖質の甘味も脳内報酬系を刺激するといわれています。

4.糖質制限をすることでイライラしなくなります

糖質不足でイライラしがちな人は、1日1食のみを置き換えるなど、軽めの糖質制限から始めて続けていきましょう。

砂糖や果糖ブドウ糖液糖などが含まれるものは避け、食事は糖質の吸収を緩やかにするものを食べるなどが効果的です。

ダイエットのプロ・低糖質食のエキスパート「ライザップ栄養管理士チーム」が完全監修!美味しくて続けられる「RIZAPの低糖質フード」がおススメです!

糖質制限は、糖質が含まれる食材を何でも制限する訳ではなく、食べられるお肉もあれば、飲むこともできるお酒もあります。糖質が高い食材、低い食材の基本的な知識をつけていくことでストレスのない糖質制限を続けていくことができるでしょう。

詳しくはこちら

関連記事

ダイエット中でも選べるおいしい低糖質食事
ページ上部へ戻る