糖尿病における糖質制限とは?

糖尿病の人が糖質制限をするには条件があります


糖尿病の人の糖質制限によるダイエットは、行ってもよい場合もありますが、間違った知識で行うことでのリスクもあります。

糖尿病ではさまざまな合併症が起こったり、投薬によって体調をコントロールしたりすることもあります。

そういったものを抱えている場合には、糖質制限が悪影響を与える恐れがあり、誰でも糖質制限を自由にやってよいとは限りません。

糖質制限を試したい場合には、基本的には医師との相談が必要となるでしょう。

健康上の悪影響が起こらない場合によってのみ、無理のない範囲で行うことは可能であると考えられています。

糖尿病の糖質制限には合併症などの注意が必要です

糖尿病の人の糖質制限によるダイエットや健康法は、まずは病気との兼ね合いを考える必要があります。

健康な人では問題のない食事コントロールが、糖尿病の人には体に悪影響を与えることにもつながる可能性があるためです。

糖尿病の人の糖質制限によるリスクとしては、合併症の心配があります。

糖質を制限することで、それ以外からの栄養を摂取する必要があるというのが糖質制限食の特徴であり、タンパク質や脂質の摂取量が増えます。

タンパク質の多い食事は腎臓に、脂質の多い食事は血液中の脂質量に影響があります。

そのため、糖尿病の合併症で腎機能障害を抱えている場合などには、糖質制限は行わないほうがよい場合もあるのです。

また、インスリン注射や血糖降下剤などの薬治療を行っている場合に、糖質を制限すると低血糖発作を起こすリスクが高くなります。

このような糖尿病で起こりやすいリスクを回避するためには、自己判断による糖質制限は行わないことが必要です。

糖質制限をすることで血糖値が変化します


糖質制限によるダイエットや健康管理は、体内に余分な糖質を取り入れないようにすることで行われています。

糖質は体内に入ると腸で吸収されていき、血中にブドウ糖として流れ込みます。

これが血糖として血液と一緒に体内を流れて、必要に応じてエネルギーとして代謝されます。

血糖が増えればインスリンも分泌され、余った糖はインスリンによって脂肪へと変わります。

それを防ぐことでダイエット効果を生もうというのが糖質制限の考え方です。

しかし、糖尿病の人は血糖のコントロールのために薬を飲んでいることがあり、それによって人工的に血糖値が下げられている場合があります。

その際に糖質制限をしてしまうと、さらに糖が足りなくなり、一時的に低血糖になりやすいのです。

また、糖質制限では低糖質で高タンパクの食事が中心になります。

糖尿病の合併症で腎臓の機能が悪くなっていると、タンパク質の分解が追いつかず、負担が大きくなる可能性もあります。

糖質制限の一般的な考え方としてはタンパク質は比較的摂りたい栄養素と考えられていますが、腎臓の処理機能に問題がある場合は同じように判断することはできません。

糖尿病の人でも糖質制限をできる場合もあります

糖質制限を糖尿病の人が行う場合にはリスクがありますが、リスクが少ない、もしくは行ったほうがよいと医師の判断があったときには糖質制限を行うことも可能です。

糖尿病の人が糖質制限を行う場合にも、ダイエットによって体脂肪を減らすことや、体重を落とすことを目指します。

ただし、過剰な糖質制限ではなく、緩やかに量を減らすことを基本として、定期的に血糖値や脂質などの検査を受けることも必要となります。

また糖質以外の食品、栄養素の過剰摂取などにも注意をする必要があります。

糖質制限によって体脂肪を減らすことは、メタボリックシンドロームの予防としても取り入れられています。

メタボリックシンドロームは糖尿病をはじめとした全ての生活習慣病の原因となるため、予防が大切と考えられているのです。

(まとめ)糖尿病における糖質制限とは?

1.糖尿病の人が糖質制限をするには条件があります

糖質制限を行うことで健康やダイエットに活かすことができるとされていますが、糖尿病などの病気を持っている場合には誰でも行ってよいというものではありません。

医師と相談しながら、健康に悪影響がない範囲で行うことが大切です。

2.糖尿病の糖質制限には合併症などの注意が必要です

糖尿病の人が糖質制限を行う場合には、そのほかの合併症や使用薬剤などによって可能かどうかを判断することが必要となります。

特に薬で血糖値のコントロールをしている人や腎臓に問題を抱えている人には糖質制限食を利用することは適していません。

3.糖質制限をすることで血糖値が変化します

糖質制限を行うと、体内に入るブドウ糖の量が減り、血糖値が下がります。

これによってダイエット効果や健康状態の向上を目指すのが糖質制限ですが、これが糖尿病にはよくないこともあります。

4.糖尿病の人でも糖質制限をできる場合もあります

糖質制限によるダイエットは医師の正しい指導のもとであれば、糖尿病の人でも不可能ではありません。

生活習慣病の元となるメタボリックシンドロームの予防としても取り入れられることがあります。

ダイエットのプロ・低糖質食のエキスパート「ライザップ栄養管理士チーム」が完全監修!美味しくて続けられる「RIZAPの低糖質フード」がおススメです!

糖質制限は、糖質が含まれる食材を何でも制限する訳ではなく、食べられるお肉もあれば、飲むこともできるお酒もあります。糖質が高い食材、低い食材の基本的な知識をつけていくことでストレスのない糖質制限を続けていくことができるでしょう。

詳しくはこちら

関連記事

ダイエット中でも選べるおいしい低糖質食事
ページ上部へ戻る