糖質制限中の生理前や生理中の注意点とは?

糖質制限中でも生理や生理前にはホルモンバランスの変化によって体は変化していきます


女性は、月に1回生理が訪れます。

生理は女性が子供を妊娠するためには必要なものですが、その生理にはホルモンバランスが大きく影響しています。

ホルモンバランスの変化によって女性は痩せにくくも、痩せやすくもなるのです。

その仕組みをしっかり知っておくことは、糖質制限にも役立ちます。

女性ホルモンの種類を知っておきましょう

生理の際に関係する女性ホルモンとその働きについて紹介します。

生理前はプロゲステロンが分泌されます

生理前1週間程度の期間は、プロゲステロンと呼ばれる女性ホルモンの分泌量が大幅に増えます。

生理前になると、イライラや体のだるさ、情緒不安定などの症状が顕著に表れる人もいらっしゃいますが、それはプロゲステロンによって発生する月経症候群の可能性があります。

女性ホルモンは、女性の体にも精神にも大きな影響を与えるものであることを理解しておきましょう。

生理中はエストロゲンが分泌されます

生理前はプロゲステロンという女性ホルモンが分泌されるのに対して、生理中になるとエストロゲンと呼ばれる女性ホルモンの分泌量が増えます。

エストロゲンは女性らしさを向上させるホルモンであり、女性らしい体を作ったり、自律神経を整えたり骨の形成を促すなどといった効果を持っています。

閉経後の女性に訪れる更年期も、このエストロゲンが減少することによって引き起こされるともいわれていてることから、女性の健康的な肉体と精神を保つには必要な女性ホルモンだといえるでしょう。

ホルモンバランスによって痩せやすくも痩せにくくもなります


減量を行っていると、痩せにくいと感じる時期と痩せやすいと感じる時期があるかと思います。

この痩せにくい・痩せやすいの変化は女性ホルモンの変化が関係しています。

生理前は痩せにくくなっています

プロゲステロンの分泌量が増える生理前は、プロゲステロンの働きによって食欲が増しやすい時期でもあり、水分を体に溜め込みやすい時期でもあります。

そのため暴飲暴食の影響を受けやすく、水分によるむくみなどによって女性の体は太りやすい状態になっています。

これらが生理前に痩せにくいと感じることが多い原因です。

生理中から生理後は痩せやすくなっています

生理中から生理後にエストロゲンの分泌量が増えると、プロゲステロンの分泌量は減ります。

それによって生理前に比べると女性の体は大幅に痩せやすい体へと変化していきます。

減量を行っているとこの時期に痩せやすいと感じるはずなので、エストロゲンの分泌量が増えているときに特に力を入れて減量を行っていくと効率的に進みます。

生理前は太らない努力をしましょう

生理前は、どうしても女性ホルモンによって痩せにくい体になっているため、無理に頑張って減量をしようとする必要はありません。

糖質制限を行っていくうえで大切なのが、生理前は体重が増えないように意識した生活を送っていくことです。

生理前は肉類を積極的に食べましょう

プロゲステロンは、女性の食欲を増加させます。

そこで意識したいのが食事内容です。

食事の量を減らすのではなく、肉類を積極的に摂取するとよいでしょう。

特に牛肉や豚肉・レバーなどには鉄分が多く含まれています。

女性は生理によって貧血を起こしやすくなってしまうので、肉を食べて鉄分を補給することによって貧血の防止にもつながります。

糖質制限には欠かせない肉類を、この時期に取り入れるようにしましょう。

女性ホルモンの変化は糖質制限などで減量を行っていくうえで、大きな影響を与えるので厄介ではありますが、そのホルモンバランスの変化は女性にとっては大切なものです。

その仕組みを知って上手く付き合っていくという姿勢が糖質制限を進めていくうえでも重要です。

(まとめ)糖質制限中の生理前や生理中の注意点とは?

1.糖質制限中でも生理や生理前にはホルモンバランスの変化によって体は変化していきます

女性特有の女性ホルモンの変化は体質を大きく変えるので、それによって痩せやすくなったり痩せにくくなったりもしています。

その仕組みを知ることが減量の近道になっていきます。

2.女性ホルモンの種類を知っておきましょう

女性ホルモンにはプロゲステロンとエストロゲンがあります。

プロゲステロンは体の不快感や情緒を不安定にさせる傾向があり、エストロゲンは健康な女性らしい肉体と精神の安定をもたらしてくれます。

3.ホルモンバランスによって痩せやすくも痩せにくくもなります

プロゲステロンの働きによって食欲の増加や水分によるむくみによって太りやすくなってしまいます。

逆にエストロゲンが分泌されると痩せやすくなるので、この時期が減量には最適な時期になっています。

4.生理前は太らない努力をしましょう

生理前は無理に体重を落とすのではなく増やさない努力が大切です。

肉類を積極的に取ることは体重の増加を防ぐだけではなく、貧血の防止にもなるので積極的に鉄分を多く含む肉を摂取しましょう。

ダイエットのプロ・低糖質食のエキスパート「ライザップ栄養管理士チーム」が完全監修!美味しくて続けられる「RIZAPの低糖質フード」がおススメです!

糖質制限は、糖質が含まれる食材を何でも制限する訳ではなく、食べられるお肉もあれば、飲むこともできるお酒もあります。糖質が高い食材、低い食材の基本的な知識をつけていくことでストレスのない糖質制限を続けていくことができるでしょう。

詳しくはこちら

関連記事

ダイエット中でも選べるおいしい低糖質食事
ページ上部へ戻る