糖質制限を一ヶ月続けるには何に注意すべき?

安全に糖質制限を一ヶ月続けるためにはバランスのよい食事が大切です


糖質制限を行うと食事のバランスが、今までのものとは変わります。

そのため、その変化のなかで上手く食事のバランスを守っていくことが重要になります。

一つのものに偏らないなどバランスのよい食事内容を意識していくことが安全に糖質制限を行っていくポイントになります。

リスクを最小限に抑えた糖質制限をしましょう

たんぱく質・脂質の摂りすぎは要注意です

糖質の量を制限する糖質制限では、糖質以外からカロリーを摂取することになります。

しかし、糖質以外であれば多く摂取してもよいという訳ではありません。

糖質を制限する場合、お肉の摂取量が多くなってしまう傾向にありますが、肉の摂取量が増えるとたんぱく質と脂質の摂取量が必然的に増えてしまいます。

たんぱく質は体内で余ってしまうと貯め込んでおくことができません。

そのため、余ったたんぱく質は肝臓で分解していきます。

その分肝臓への負荷が大きくなってしまうので、たんぱく質の過剰摂取は肝臓に悪影響を与えます。

また、脂質に関しても摂りすぎてしまうと健康を害する危険性があるのでたんぱく質・脂質の過剰摂取には気をつけましょう。

運動前にも注意点があります

糖質制限をしている間に運動を行う場合も注意点があります。

運動を行うということは、エネルギーを消費するということです。

しかし糖質制限中はエネルギー源となる糖質が不足しています。

そのため、運動を行う前には適度に糖質を摂取することが安全に運動を行うポイントになります。

特に、バナナはすぐに体内でエネルギーになるので、糖質制限中に運動を行う場合は運動前に食べておくとより安全に運動を行うことができるでしょう。

もちろんバナナには糖質が含まれているため、全体の糖質量を考えて摂取することは大切です。

糖質制限後のリバウンドに気をつけましょう


どんなダイエット法にもリバウンドはつきものです。

しかし、糖質制限はほかのダイエット法とは少し違った仕組みでリバウンドが発生することがあります。

糖質制限後のリバウンドの仕組み

ダイエットで目標を達成した後に、今まで我慢していた好きなものを一気にドカッと食べてしまうという人も多いのではないでしょうか。

糖質制限をある程度継続して行った場合は、糖質の代わりに脂肪を分解して使うことでエネルギーを作ることができる体になっています。

そのため、糖質が少なくてもエネルギーを生み出すことができるようになっていることになります。

しかし糖質制限をやめて、ダイエットを始める前と同じ量の糖質を摂取してしまうと体のなかで糖を使い切ることができません。

体内で余った糖は脂肪へと変化してしまい、リバウンドをしてしまうのです。

こうしたことを防ぐためには、本格的な糖質制限を終わらせた後も適度に糖質制限を行っていく必要があります。

適度な運動をすることも代謝の低下を防ぐためリバウンド予防に効果的です。

短期間ではなく長期間取り組みましょう

糖質は、脳や内臓のエネルギーとして使用される物質です。

しかし、糖質制限では糖質をカットすることになるため、体内で脂肪や筋肉が分解されエネルギーとして使われます。

筋肉はたんぱく質から構成されているため、糖質制限ではたんぱく質などを中心に栄養素を摂ることが必要です。

糖質制限を行い目標体重になったからといって、すぐに元の食事に戻してしまうと体が、糖を吸収し脂肪に変化させてしまうのでリバウンドという事態になります。

そのため、短期間で行うダイエットとしては糖質制限は不向きかもしれません。

糖質制限は長期間継続することが大切であり、目標体重になったからといってすぐに食事に含まれる糖質の量を元の量に戻さないようしていく必要があります。

(まとめ)糖質制限を一ヶ月続けるには何に注意すべき?

1.安全に糖質制限を一ヶ月続けるためにはバランスのよい食事が大切です

食事のバランスは、健康を守るのに重要なポイントです。

糖質制限中であっても、栄養の偏りが出ないように食事の栄養バランスを崩さないように意識することが安全につながります。

2.リスクを最小限に抑えた糖質制限をしましょう

糖質制限を続ける場合は、たんぱく質と脂質の摂りすぎに気をつけてバランスのよい食事をしましょう。

さらに、運動前には糖質を適度に摂取するのが糖質制限を安全に行うための注意点です。

3.糖質制限後のリバウンドに気を付けましょう

糖質制限後もリバウンドの可能性はあります。

本格的な糖質制限後も適度に糖質制限をすることと、適度な運動をすることが減量後のリバウンドを防ぐ方法として効果的な方法です。

4.短期間ではなく長期間取り組みましょう

糖質制限は長期間行うことで効果を実感しやすいです。

そのため、糖質制限は無理をしない範囲で継続していきましょう。

また、目標達成後も緩い糖質制限を続けていくことがポイントです。

お肉は糖質が高く、野菜が低いと思っていませんか?

糖質制限は、糖質が含まれる食材を何でも制限する訳ではなく、食べられるお肉もあれば、飲むこともできるお酒もあります。糖質が高い食材、低い食材の基本的な知識をつけていくことでストレスのない糖質制限を続けていくことができるでしょう。

糖質制限中に食べられる食材とは?

5万人以上のダイエットを成功に導いてきた「ライザップの管理栄養士チーム」が監修した「低糖質食事」は常識を覆す美味しさが盛りだくさん!
詳しくはこちら

関連記事

ページ上部へ戻る