糖質制限を6週間続けても効果が現れない原因とは?

糖質制限を6週間続けても効果が出ない場合はやり方が間違っている可能性があります


糖質制限は、名前の通り糖質という物質の摂取量を制限することで体重の増加防止や減量を目指すものです。

しかし、効果が出ないという場合はしているつもりでも糖質制限が上手くできていないという可能性もあります。

糖質制限には代謝が大きく関係しています。

体重が上手く減らないときは、代謝が低いということも考えられます。

男性と女性によっても代謝は大きく変わってきますので、体重が減らない場合は代謝を上げるようにしていく必要もあります。

糖質制限失敗の原因は制限の内容と代謝の関係です

ここでは糖質制限が失敗してしまう原因について紹介します。

実は糖質を摂っている可能性があります

糖質制限では、糖質の量を削っていかなければいけません。

しかし、糖質を大幅に減らしている食事をしているつもりでも、実は糖質が多く含まれているものを食べている場合もあります。

健康によいイメージがある野菜のなかには、糖質が多く含まれているものがあります。

芋やとうもろこしなどには多くの糖質が含まれているため、野菜だからといって糖質が低いとは言い切れません。

意外に糖質が含まれているものもあるのでしっかりと確認しておきましょう。

代謝が低いと体重は減りません

代謝は、ダイエットと大きな関係があります。

基礎代謝が高ければ高いほど、消費することができるエネルギーは高くなります。

また、糖質制限を行っていると筋肉で筋分解が起こりやすく、筋肉が減少しやすいです。

筋肉の量が落ちるとその分代謝が下がってしまうため、その点についてもしっかりと把握しておくことが糖質制限を行っていくうえでは重要になります。

この2つの原因に適切に対処することができれば、今まで糖質制限の効果が現れなかったという人も糖質制限の効果を実感することができるようになるでしょう。

原因を解決して糖質制限を成功させましょう

摂取してよい糖質の量を把握しましょう

糖質制限中は、糖質の量を制限することになります。

そのため、どれくらいの量の糖質を摂取してもよいのか把握しておく必要があります。

1日に必要な糖質の量は、目指す体型などによっても異なります。

自分に適した糖質量で、糖質制限を続けることが大切です。

筋トレで筋肉をつけて基礎代謝を上げます

基礎代謝が低いと痩せにくいため、基礎代謝を上げる必要があります。

その方法として最適なのが筋トレです。

筋トレを行うことによって体の筋肉量を増やすことができ、基礎代謝を上げることにつながります。

また、食事で動物性のたんぱく質を積極的に摂取することによって、より効率的に筋肉の量を増やすことができます。

特に脂肪が少なくて、たんぱく質を豊富に含んでいる食材を積極的に摂取するとよいでしょう。

これまでに糖質制限を行っても効果を実感できなかった方は、上記を参考に方法を見直してみましょう。

そうすることによって、糖質制限が上手くいかなかった人も少しずつ効果が出るようになっていきます。

糖質制限は注意点を守らなければリバウンドすることもあります


下記で紹介するポイントに注意して糖質制限を行うことでリバウンドを防ぐことが可能です。

糖質制限中のドカ食いはしてはいけません

糖質制限を行っている間は、糖質の摂取量をセーブするため、通常に比べ摂取できる栄養が少なくなりがちです。

その結果、体はエネルギーの消費を抑える省エネモードのような状態になることがあります。

この状態でドカ食いをしてしまうと、血糖値が急激に上昇します。

血糖値が上がると体内ではインスリンが分泌され過剰な糖が脂肪に変わるため、リバウンドにつながってしまうのです。

筋トレはリバウンドの防止策にもなります

筋トレを行うことによって、基礎代謝が上がることは先ほどご紹介しました。

筋トレをすることで筋肉量が増え基礎代謝量が増えれば、その分1日に消費するエネルギー量が増えることになります。

そうなると、痩せやすく太りにくい体質になるため、リバウンドを防ぐという意味でも筋肉の量を増やすということは大切なポイントです。

減量をするために糖質制限をする場合は、リバウンドを起こさないためにも上記のポイントをしっかりと把握してリバウンドを防ぐように意識していきましょう。

(まとめ)糖質制限を6週間続けても効果が現われない原因とは?

1.糖質制限を6週間続けても効果が出ない場合はやり方が間違っている可能性があります

糖質制限で効果が出ない場合は、きちんと糖質制限ができていない可能性があります。

また、代謝が低いという原因も考えられます。

自分がどちらに当てはまるのか効果が出ない方は確認してみましょう。

2.糖質制限失敗の原因は制限の内容と代謝の関係です

気づかないうちに糖質を多めに摂っていたり、基礎代謝が低かったりすると糖質制限をしているつもりでも効果は現れません。

効果が出ない場合はこの2つの原因について考えてみましょう。

3.原因を解決して糖質制限を成功させましょう

糖質制限が上手くいかない状況を打破するには、一日に摂取してもよい糖質の量の確認と筋トレを行って基礎代謝を上げるといった工夫が必要です。

糖質制限の効果を実感するためにもしっかりと実行しましょう。

4.糖質制限は注意点を守らなければリバウンドすることもあります

糖質制限中のドカ食いは血糖値を急上昇させるため、リバウンドの原因にもなってしまいます。

ドカ食いを防ぐという点と、筋トレで痩せやすく太りにくい体づくりをすることでリバウンドの防止になります。

ダイエットのプロ・低糖質食のエキスパート「ライザップ栄養管理士チーム」が完全監修!美味しくて続けられる「RIZAPの低糖質フード」がおススメです!

糖質制限は、糖質が含まれる食材を何でも制限する訳ではなく、食べられるお肉もあれば、飲むこともできるお酒もあります。糖質が高い食材、低い食材の基本的な知識をつけていくことでストレスのない糖質制限を続けていくことができるでしょう。

詳しくはこちら

関連記事

ダイエット中でも選べるおいしい低糖質食事
ページ上部へ戻る