糖質制限は1日に何食取り入れるべき?

糖質制限には1日に何食という決まりは特になく自分のペースで取り入れて構いません


糖質を制限した低糖質の食事は「1日に何食」という決まりはありません。

そのため自分のペースで自由に決めることができます。

仕事や付き合いなどで低糖質の食事が1日に3食が難しければ、2食、1食になっても構いません。

大切なことは今まで摂取していた糖質の量を減らすことです。

自分が続けられるペースで糖質制限をしましょう

もし「毎日3食低糖質の食事に変える」と決めたとしても、結局続けられなくては意味がありません。

まずは無理なく続けられるように、目標設定しましょう。

もちろんすぐに効果を出したい人は1日3食を低糖質の食事に変えることで、比較的早くに大きな効果が期待できるでしょう。

しかし、仕事上昼食に低糖質の食事は難しい、付き合いで会食に行かなければならないなど、毎日3食は難しいという人もいるかもしれません。

そういう人は1日に2食でも構いませんし、会食に行ったり外食したりした翌日は1日3食の低糖質の食事にするなど、工夫しましょう。

夕食の主食は食べない、もしくは減らす、間食で食べていたスイーツはナッツなどの低糖質のおやつに変えるなど、取り入れ方はさまざまであり特に決まりはありません。

1日のうち1食でも低糖質の食事や食品に変えることで、今までよりも糖質の量を減らすことができます。

水分をたくさん摂り、間食は低糖質のおやつにしましょう


水分をたくさん摂りましょう

糖質制限を始めると、肝臓にある「グリコーゲン」というエネルギー源が使われます。

グリコーゲンは約1~3キロの水と結合しているため、このグリコーゲンを使ってしまうと、同時に水分もなくなってしまいます。

そのため糖質制限を行うと体内の水分量も減ってしまうため、水分補給をしっかり行うことが大切です。

また、糖質制限をしているときは、水分を摂る機会や量が少なくなりがちになることが多いです。

水分が不足してしまうと、腸の中にある便に十分な水分が含まれず、硬くなり便秘になってしまう事もあります。

糖質制限中は特にたくさんの水を飲むように意識してください。

ジュースなどではなく、水を飲みましょう。

間食はできるだけナッツなどの低糖質のおやつにしましょう

女性は特に甘いものが好きな人が多く、糖質やカロリーの高いお菓子などを食べてしまうと、その分痩せにくくなってしまいます。

できれば低糖質なアーモンドなどのナッツ類や低糖質で高たんぱくのチーズなどに変えてみましょう。

糖質制限だけでなく運動しカロリー消費することが大切です

糖質制限することで脂肪がエネルギー源となり、体脂肪が燃えやすくなります。

しかし、糖質制限だけでは自分の目標体重まで時間がかかったり、リバウンドしたりしやすくなる可能性があります。

太りにくい体質にするためには、食事制限だけではある程度の筋肉をつけることも大切です。

ボディビルダーのような筋肉を目指すわけではないので、つけ過ぎる必要はありません。

筋肉をつけることで基礎代謝が上がり、太りにくくリバウンドしにくい体になります。

また、痩せるためには食事で摂ったカロリーよりも多くのカロリーを消費しなければなりません。

糖質制限中の運動は体が脂肪を燃焼しやすい状態になっているので、痩せやすく効果的といわれています。

ハードな筋トレではなく無理のない筋トレや運動でも、効率よく痩せることが期待できます。

(まとめ)糖質制限は1日に何食取り入れるべき?

1.糖質制限には1日に何食という決まりは特になく自分のペースで取り入れて構いません

糖質制限には「1日に何食」という決まりはなく、自分のライフスタイルなどに合わせて自分のペースで、自由に決めることができます。

そのため低糖質の食事は、1日2食でも1食でも構いません。

糖質の量を今までよりも減らすことが大切です。

2.自分が続けられるペースで糖質制限をしましょう

糖質制限は「1日に何食糖質制限をする」と決めるのではなく、生活スタイルやその日に合わせて自由に取り入れることが可能です。

1日のうちで1食でも低糖質の食事に変えることで、糖質の量を今までよりも減らすことができます。

3.水分をたくさん摂り間食は低糖質のおやつにしましょう

糖質制限中は体内の水分量が減りやすいだけでなく、水分を摂る機会や量が少なくなりがちなので、しっかりと水分補給をすることが大切です。

また、間食は低糖質のアーモンドなどのナッツ類や、低糖質・高たんぱくのチーズなどに変えると効果的です。

4.糖質制限だけでなく運動しカロリー消費することが大切です

筋肉を付けることで基礎代謝が上がり、太りにくくリバウンドしにくい体質になります。

また、痩せるためにも食事でとったカロリーより、多くのカロリーを消費する必要があるので、糖質制限中も適度の運動を心がけましょう。

ダイエットのプロ・低糖質食のエキスパート「ライザップ管理栄養士チーム」が完全監修!美味しくて続けられる「RIZAPの低糖質フード」がおススメです!

糖質制限は、糖質が含まれる食材を何でも制限する訳ではなく、食べられるお肉もあれば、飲むこともできるお酒もあります。糖質が高い食材、低い食材の基本的な知識をつけていくことでストレスのない糖質制限を続けていくことができるでしょう。

詳しくはこちら

関連記事

ダイエット中でも選べるおいしい低糖質食事
ページ上部へ戻る