糖質制限に8時間ダイエットを取り入れても良い?

糖質制限に8時間ダイエットを取り入れるとさらに効果が期待できます


8時間以内に3食済ませ、残りの16時間は何も食べないという8時間ダイエットの食事を糖質制限することで、通常の8時間ダイエットや糖質制限よりも効果が期待できます。

8時間ダイエットをすることで、16時間は胃腸を休めることができ、調子も良くなり排泄も促されるでしょう。

通常の8時間ダイエットよりも早くに大きな効果が期待できます

8時間ダイエットの基本的なルールは、以下のようになります。

  • 8時間以内に3食全て済ませ、残り16時間は何も食べない
  • 決められているナッツや穀物などのスーパーフードを2種類食べる
  • 1日8分の有酸素運動をする

通常8時間ダイエットは糖質制限やカロリー制限などは不要となっていますが、糖質制限中にこの8時間ダイエットを取り入れることで、通常の8時間ダイエットより早く大きな効果が期待できるといわれています。

8時間以内に食べたとしても、糖質やカロリーが高いものを多く摂れば、その分のカロリーを消費しないといけないため、痩せにくくなります。

しかし、8時間以内に食べる食事を、低糖質のものに変えればその分体脂肪の燃焼につながるため、通常の8時間ダイエットよりも痩せやすくなります。

決められているスーパーフードはナッツ以外は低糖質で低カロリーなものです。

糖質制限や食べる時間だけでダイエットできるとはいえません。

有酸素運動は20分続けることで脂肪燃焼するので、有酸素運動をするのであれば20分以上続けカロリーを消費を目指しましょう。

8時間ダイエットを取り入れることで代謝酵素が増え脂肪燃焼しやすい状態になります


私たちの体内では消化酵素と代謝酵素という2つの酵素を作っています。

消化酵素は、栄養素を吸収できるように食べ物を消化するという働きをしています。

一方、代謝酵素は体温や血圧を一定に保ち、免疫力などを維持したり、神経やホルモンバランスを調整したり、解毒・排泄をしたりとさまざまな働きをします。

この2つの酵素では消化酵素が優先的に使われます。

そのため胃の中に食べ物が入っている状態が続くと、消化酵素を多く合成しないといけなくなり、代謝酵素が減ってしまいます。

しかし、8時間ダイエットでは16時間は何も食べない状態になるため、消化酵素が使われずに済み、代謝酵素の合成にまわすことができます。

そのため代謝を促進し、脂肪燃焼しやすい状態になるのです。

そこで8時間ダイエットの8分の有酸素運動ではなく、しっかりと時間をかけ適切な運動をすればさらに脂肪を燃焼させる効果が期待できます。

糖質制限だけでダイエットできるとはいえませんので、カロリー制限と運動も行うことが大切です。

食べ物以外のものも低糖質なものを正しく選びましょう

知らずに糖質を摂らないようにしましょう

糖質制限ダイエットは糖質が主成分であるお米やパン、麺、じゃがいもやさつまいも等のいも類、砂糖などを抜いたり、他の低糖質なものに置き換えたりするダイエット法です。

しかし、なかには低糖質だと思って食べていたものが、実は糖質が多く含まれている物だったということがあります。

正しい知識をつけて、何を食べるか選択することが大切です。

食べ物以外にも気を付けましょう

食べ物には気を付けているから、「飲み物は大丈夫だろう」と思っている人もいるかもしれません。

野菜ジュースなどは健康的なイメージがあるかもしれませんが、糖質が高いので控えましょう。

缶コーヒーのブラックでも糖質が入っているものがありますので、裏の成分表をよく見てから買う癖をつけることが大切です。

また、食べ物に気を付けていてもケチャップやマヨネーズ、ドレッシングなどは糖質が高いものが多いです。

できるだけ糖質の少ない調味料などを使い、ダイエット中はシンプルな味付けを心がけましょう。

(まとめ)糖質制限に8時間ダイエットを取り入れても良い?

1.糖質制限に8時間ダイエットを取り入れるとさらに効果が期待できます

糖質制限に8時間ダイエットを取り入れると、16時間は断食状態になるため、胃腸を休ませることで代謝も改善し排泄も促されます。

そのため通常の8時間ダイエットや糖質制限よりも、比較的早く大きな効果が期待できます。

2.通常の8時間ダイエットよりも早くに大きな効果が期待できます

通常の8時間ダイエットでは、糖質制限などはないため、食べ過ぎれば効果が出にくいことがあります。

そこで糖質制限に8時間ダイエットを取り入れることで、その分体脂肪が燃焼しやすくなるので、通常の8時間ダイエットよりも効果が期待できます。

3.8時間ダイエットを取り入れることで代謝酵素が増え脂肪燃焼しやすい状態になります

糖質制限に8時間ダイエットを取り入れることで、代謝酵素の合成に回すことができます。

そのため新陳代謝を促進させ、脂肪燃焼しやすい状態になります。

さらに運動することで脂肪が燃焼しやすく、大きな効果が期待できます。

4.食べ物以外のものも低糖質なものを正しく選びましょう

自分では低糖質だと思って食べていたものが、実は糖質を多く含んでいる場合があります。

また、食べ物以外の飲み物や調味料などにも糖質を多く含んでいるものも多いので、裏の成分表などよく見てから買うようにしましょう。

ダイエットのプロ・低糖質食のエキスパート「ライザップ栄養管理士チーム」が完全監修!美味しくて続けられる「RIZAPの低糖質フード」がおススメです!

糖質制限は、糖質が含まれる食材を何でも制限する訳ではなく、食べられるお肉もあれば、飲むこともできるお酒もあります。糖質が高い食材、低い食材の基本的な知識をつけていくことでストレスのない糖質制限を続けていくことができるでしょう。

詳しくはこちら

関連記事

ダイエット中でも選べるおいしい低糖質食事
ページ上部へ戻る