糖質制限食を1日3食取り入れても問題はない?

1日3食でより高い糖質制限の効果が得られるかも知れません


一日3食の食事全てを糖質制限食にすることで、より高いダイエット効果が期待できるでしょう。

糖質制限は、食事の内容のうち一部を低糖質食品などに変えることで実施可能です。

また、糖質の高い食品を摂らないという方法でも行うことができます。

こうした食事を毎日3食全てに取り入れることで、糖質量をトータルで減らすことができ、より早くダイエット効果を実感できる可能性があります。

もちろん3食できない日があり、2食や1食で抑えたい方も、その人なりの効果を出すことが期待できるので安心です。

早く効果を出したい人には3食の糖質制限がおすすめです

早くダイエット効果を出したい、より高い効果でダイエットを成功させたいという人のなかには、1日3食の食事を全て糖質制限する人も多いようです。

糖質制限された食事を多い回数で取り入れることで、毎日の糖質の摂取量をより低く抑えることができ、その分の体脂肪を燃焼させることが期待できます。

糖質制限によってダイエット効果が期待できるのは、糖質を減らすことによって糖を余らせず、脂肪に変換させることを防げるためです。

また、さらに糖質を少なくすることで、糖の代わりに体が脂肪からエネルギーを得ようと働き出します。

体脂肪は、長期保管が可能なエネルギー源であり、毎日の摂取によって糖からエネルギーが得られる間はなかなか燃焼しません。

それを1日3食の食事で糖の摂取を抑えることにより、より多くの脂肪をエネルギーとして用いる事ができるようになるのです。

そのため、毎日糖質制限食を用いて、体に糖以外からエネルギー源を作り出させることは非常に有効となります。

1日3食できない日があっても問題ありません


1日3食の糖質制限は、ダイエット効果も高く、効果が出るまでのスピードも速くなると考えられています。

しかし、社会へ出て働いている人のなかには、3食全てを糖質制限された特別なメニューを取り入れたものに変えることができない人も多いでしょう。

働いていれば、外でランチタイムを過ごすことも多く、その時には外食をすることもありますし、仕事帰りの楽しみとして、またはコミュニケーションの一環として周りの人と飲食をすることもあるものです。

こうした場合には、完全に3食全てを糖質制限する事はできなくなります。

しかし、糖質制限によるダイエットや健康維持は、上記のケースも含めてさまざまな人に取り入れやすくなっています。

2食や1食であっても、その効果は十分に期待できます。

もしも3食が無理ならば、2食は取り入れる、外食した次の日には3食の糖質制限を自分に課すなど、生活に支障がない範囲でバランスよく続けていくことも大切です。

3食の一部を低糖質食に変えるだけでも効果は期待できます

毎日欠かさず1日3食全ての食事を糖質制限メニューに変えることは難しいかも知れません。

糖質を制限するために、他の栄養素が不足してしまったり、外食の店選びやメニュー選びが苦痛になることもあるでしょう。

また、毎日3食の糖質制限を自分に厳しく課してしまうと、プレッシャーになることもあります。

こうしたことを防いで毎日楽しんで糖質制限ダイエットを続けるためには、専用の低糖質食品やサプリメントなどを利用することも大切です。

糖質が多いと考えられる主食のご飯やパンなどを、低糖質食品で代用すれば、ストレスなく手軽に糖質制限することができるでしょう。

また、タンパク質やビタミン豊富なおかずだけを摂って、主食を抜く食事を作ってもよいかもしれません。

自分のできるやり方で、無理なく続けることは何よりも大切です。

(まとめ)糖質制限食を1日3食取り入れても問題はない?

1.1日3食でより高い糖質制限の効果が得られるかも知れません

一日3食全てを糖質制限食に変えることで、より高い効果が得られる可能性があります。

スピーディーにダイエットなどの効果を出したい場合にも効果的といえそうです。

また、できるだけ糖質制限を取り入れても安全性には問題ありません。

2.早く効果を出したい人には3食の糖質制限がおすすめです

早くダイエット効果を出したい人やより高い効果を求めたい人は、1日3食に糖質制限を取り入れ、体脂肪をエネルギーとして使える環境を作ると良いようです。

糖質の摂取を抑えることで、体脂肪を燃焼させてエネルギーを作る働きが多くなります。

3.1日3食できない日があっても問題ありません

1日3食の糖質制限を行えば、高い効果が期待できると考えられます。

しかし、それができない人も多いものですから、自分のできる範囲で無理なく続けるようにしましょう。

回数が減ってしまっても効果はありますし、次の日に回数を増やしたり工夫が必要です。

4.3食の一部を低糖質食に変えるだけでも効果は期待できます

毎日の食事全てを欠かさず糖質制限しようとすると、ストレスが溜まってしまい、続けるのが辛く感じることもあります。

糖質制限を続けるために、手軽に利用できる低糖質食品やサプリメントなどを取り入れてもよいでしょう。

ダイエットのプロ・低糖質食のエキスパート「ライザップ栄養管理士チーム」が完全監修!美味しくて続けられる「RIZAPの低糖質フード」がおススメです!

糖質制限は、糖質が含まれる食材を何でも制限する訳ではなく、食べられるお肉もあれば、飲むこともできるお酒もあります。糖質が高い食材、低い食材の基本的な知識をつけていくことでストレスのない糖質制限を続けていくことができるでしょう。

詳しくはこちら

関連記事

ダイエット中でも選べるおいしい低糖質食事
ページ上部へ戻る