糖質制限を1日1食から2食にすると減量しやすくなる?

糖質制限を一日2食にするとより高い効果を目指せます


糖質制限によってダイエットや健康維持、健康の向上効果をより高めたい場合には、糖質制限を行う回数を実質的に増やしてやることは効果的です。

毎日の食事のうち、1回の食事で糖質制限を行っていた場合には、2食で行うことで一日のトータルの糖質を減らすことができ、トータルの体脂肪の燃焼を増やすことにつなげることができそうです。

糖質制限食の回数は増やすほど、効果のあらわれ方やスピードに変化がでてくるでしょう。

しかし、あまり厳密に制限するのではなく、その日によって食事を変えるなど生活と折り合いをつけながら、上手に取り入れていくことも大切です。

1食より2食や3食と回数に応じて効果は高くなることが予想されます

糖質制限は、食事のメニューの中から糖質を減らすことで体内で糖が余ることを防ぎ、体脂肪がエネルギーとして働くことを促すものです。

糖質はエネルギーとして必要なものですが、余ると脂肪へと変わるリスクがあります。

しかし、糖質が足りなくなれば体脂肪が代わりにエネルギーとして働き、燃焼されます。

そのため、糖質制限の食事を多くの回数取り入れることで、糖が脂肪に変わるリスクを減らせますし、血糖値の上昇も防げるのでインスリンの分泌も抑えられます。

インスリンは糖を脂肪に変えるものなので、できるだけ血糖値を抑えて分泌を抑制したいものです。

一日のうち2食を糖質制限することで、体脂肪を増やすリスクを抑えつつ脂肪燃焼のタイミングを増やすことができるのです。

もちろん、それ以上の3回の食事で糖質制限を行えば、その分効果が上がることが期待できます。

一日2食の糖質制限で生活に余裕を持てます


多い回数の糖質制限食は、その分効果も高くなりますが、その代わりに生活の制限も大きくなる可能性があります。

1日3食の全てを糖質制限にすることも健康や安全上は可能ですが、3食全てに制限をかけることで生活しにくくなることもあるのです。

その点、1日2食の糖質制限食というのは、日常生活もスムーズに進めながら楽しんで継続するために適した割合といえるかもしれません。

1日2食の糖質制限であれば、たとえば日中の職場で同僚に誘われて外食をすることもできますし、一日のうちの食事に好きなものを選ぶことも可能となります。

柔軟に生活を送りながらダイエットや健康管理に食事を活かすのに、1日2食の制限は無理なく効果を与えられるといえそうです。

ダイエットをしたいと考えたり、健康のことが気になったりする年齢の人は、仕事や付き合いなども忙しい世代であることも多いため、自分のできる範囲で行うということが重要です。

より高い効果を求めたいという気持ちもわかりますが、大切なのは継続できるという点です。

自分のペースで糖質制限を2食や3食に変化させることも可能です

1日2食の糖質制限は、1食よりは効果的ですが3食よりは効果が劣ることは事実です。

しかし、ある程度の自由度を高めて、苦しまずにダイエット効果や健康維持を行うのには適しています。

もっと高い効果を目指したいという場合や、2食も糖質制限を行うことは難しいという場合には、その日その日で自分のできる範囲で回数を変化させることもできます。

自分の生活リズムや職場の付き合い、楽しみなどもきちんと確保しつつ、自分のペースで糖質制限を取り入れていくことが大切です。

外食が続いてしまったり、前日に糖質制限食の回数が減ってしまった時には、次の日により高度な3食の糖質制限を行うことも可能です。

また、無理なく続けたいのであれば、3食行わずに2食と決めて糖質制限をコンスタントに続けていくこともよいでしょう。

できるような余裕が生まれた時に回数を増やすことは可能ですし、毎日続けることで少ない回数であっても効果は着実に出てくるはずです。

(まとめ)糖質制限を1日1食から2食にすると減量しやすい?

1.糖質制限を一日2食にするとより高い効果を目指せます

糖質制限は回数を増やすとより高いダイエット効果などが期待できます。

しかし、回数を増やすことだけでなく、1日2食や3食と自分の出来る範囲でコントロールすることも大切です。

2.1食より2食や3食と回数に応じて効果は高くなることが予想されます

糖質制限は食事から摂取する糖質を減らして、体脂肪を燃焼させやすくします。

1日2食の糖質制限を行えば、その分だけ脂肪燃焼しやすくなり、ダイエット効果も高くなることが期待できます。

3.一日2食の糖質制限で生活に余裕を持てます

糖質制限の回数を多く持つということは、高い効果も期待できますが、その分生活にも制限が出る恐れを持っています。

1日2食で良いのであれば、昼間に外食も楽しめますし、好きなものを食べられる機会をもつこともでき、無理なく続けられるでしょう。

4.自分のペースで糖質制限を2食や3食に変化させることも可能です

1日2食の糖質制限をする、3食にするといったことはきちんと決めずに毎日の都合に合わせて変化させることもできます。

自分のペースで糖質制限を続けることが大切なので、できる日に増やしたり、無理なら減らしたりといった工夫で継続を目指しましょう。

ダイエットのプロ・低糖質食のエキスパート「ライザップ栄養管理士チーム」が完全監修!美味しくて続けられる「RIZAPの低糖質フード」がおススメです!

糖質制限は、糖質が含まれる食材を何でも制限する訳ではなく、食べられるお肉もあれば、飲むこともできるお酒もあります。糖質が高い食材、低い食材の基本的な知識をつけていくことでストレスのない糖質制限を続けていくことができるでしょう。

詳しくはこちら

関連記事

ダイエット中でも選べるおいしい低糖質食事
ページ上部へ戻る