1日1食だけ糖質制限しても体重は減っていく?

1食からの糖質制限でも体重を減らすことは可能です


糖質制限によるダイエット効果は、食事に含まれている糖質が全てエネルギーとして使われることで効果が期待できます。

つまり、体内に取り込む糖質を減らせる回数が多いほうがそれだけ効果は高くなることが予想できます。

しかし、毎日1食からでも、糖質制限を行うことでコツコツとその効果を積み上げることはできるので、体重の減少や健康維持を目指すことは可能です。

消費エネルギーが少ない時間帯の食事で糖質制限を行う、外食が増える昼間は自由な食事を選ぶなどして、継続しやすく効果が出やすい方法で取り入れるとよいでしょう。

1食でも糖質制限効果が高い方法を目指します

糖質制限によるダイエットや健康法は、糖質を減らすことで体脂肪からのエネルギーの生成を目指します。

人間の体は糖質によりエネルギーを得て活動していますが、糖質が足りなくなると体脂肪からエネルギーを作り出すことができます。

エネルギーを作って余った分の糖質はインスリンによって体脂肪に変えられてしまうため、食事で糖質を摂りすぎないことが大切です。

また、消費するエネルギー量を超えないように摂取することも必要となります。

毎日1食の糖質制限を行うのであれば、1食でもより効果を出しやすい方法を目指すとよいでしょう。

消費エネルギーが少なくなる時間帯の食事で糖質制限を行えば、その分糖質を脂肪に変えるリスクを減らせます。

反対にエネルギーを使いやすい昼間の時間帯などは、糖質制限ができなくてもエネルギーとして消費できるかもしれません。

そのため、糖質制限ができない食事があっても、場合によってはエネルギーとして消費されるため、自分でできる範囲で行うことが大切です。

また、食事で制限できなかった分を運動などで消費することもよい効果をもたらす事となるでしょう。

社会人の糖質制限は外食などと上手にバランスを取ります


糖質制限により期待されるダイエット効果や健康効果は、毎食摂取する糖質を体脂肪に変えないことがポイントです。

そのため、回数を増やしたいと考えがちですが、それができない環境で無理をすると続けにくくなってしまいます。

社会人などで仕事が忙しい、外食が多いなどの生活習慣を持っている人は、無理して毎食の糖質制限をするのではなく、自分ができる回数を快適にこなすことが大切です。

糖質制限ダイエットは、その人の生活や目標に合わせてそれぞれに適した方法で行われます。

昼間の仕事中は外食をする機会も多くなりますが、そういった現状も含めてできる回数やタイミングで行います。

外食で糖質量が増えてしまうことがあったら、その後の食事に注意するなど、上手に1日のうちでバランスを取るなどして継続することを目指しましょう。

一日1食でも3食でも目標と生活に合わせた方法で行えます

糖質制限ダイエットや健康法は、その人のライフスタイルや目標に応じて内容を考えることが必要です。

さらにその内容については、その日一日ごとの変化があってもよいものと考えられます。

毎日毎食の糖質制限が無理な場合であれば、「今日は一日1食の糖質制限をする」「明日は一日3食全てで糖質制限をする」というように、自分の生活の変化に合わせることが可能です。

また、毎日1食の糖質制限食を利用していたとしても、外食が続いてしまった場合などには次の日だけ2食や3食の糖質制限に変えるなどの工夫でカバーすることもできます。

毎日の食事の幅が大きい人などは、毎日最低でも1食は糖質制限をすると決めておいて、可能な日には回数を増やすといった方法でもよいでしょう。

最初は1食から始め、進み具合や目標に応じて徐々に回数を増やしていくこともできます。

(まとめ)1日1食だけ糖質制限しても体重は減っていく?

1.1食からの糖質制限でも体重を減らすことは可能です

糖質制限の効果は回数を増やしたほうが高く出やすそうですが、毎日の生活の中で取り入れやすい1食からでもダイエット効果などが期待できます。

自分に合った方法で毎日1食ずつ糖質制限を行いましょう。

2.1食でも糖質制限効果が高い方法を目指します

糖質制限ダイエットでは、糖質の摂取量と消費量のバランスを上手に活かせば1食でも効果を出すことは不可能ではありません。

消費しにくい時間帯の食事を糖質制限したり、運動で消費しやすくするなどの工夫をしましょう。

3.社会人の糖質制限は外食などと上手にバランスを取ります

社会人で忙しい人や外食が多くなってしまう人でも、自分ができる範囲で糖質制限を継続することが大切です。

毎食無理して行うよりも、一日1食でも続けられる方法を取り入れるようにしましょう。

4.一日1食でも3食でも目標と生活に合わせた方法で行えます

糖質制限を生活に取り入れる場合には、毎日必ず同じ回数の糖質制限食を摂らなくても問題ありません。

その日ごとにできる範囲で1食から3食まで変化させることもできます。

ダイエットのプロ・低糖質食のエキスパート「ライザップ栄養管理士チーム」が完全監修!美味しくて続けられる「RIZAPの低糖質フード」がおススメです!

糖質制限は、糖質が含まれる食材を何でも制限する訳ではなく、食べられるお肉もあれば、飲むこともできるお酒もあります。糖質が高い食材、低い食材の基本的な知識をつけていくことでストレスのない糖質制限を続けていくことができるでしょう。

詳しくはこちら

関連記事

ダイエット中でも選べるおいしい低糖質食事
ページ上部へ戻る