妊婦が糖質制限をしても問題はない?

妊婦が糖質制限をすることは母子ともに危険なことなのです


妊娠中は食事内容に気を使いますし、体重が増えすぎないようにも気を使わなければなりません。

体重が増えすぎると糖尿病の危険性も高まるため、カロリー制限が大切になります。

しかし、カロリー制限と糖質制限は異なります。

糖質は赤ちゃんの脳の成長には必要なものです。

そのため、糖質を制限すれば悪影響を及ぼす危険性があるのです。

妊婦のダイエットは危険です

妊婦の時に安産のためにも、太りすぎないように注意しなさいと医師から言われた方もいるでしょう。

そのため、少しでも体重が増えると痩せなければならないと思ってしまう妊婦が多くいます。

思うように体重を減らすことができないため、効果のあるダイエットとして評判の糖質制限を試してみようかと考える人もいることでしょう。

しかし、妊婦期間に糖質制限をすることはおすすめできません。

思うように体重を落とすことができたとしても糖質制限は妊婦に危険を及ぼす可能性があるのです。

また、糖質は赤ちゃんの脳の成長にとっては欠かせないものです。

糖質制限は糖質の摂取を抑えるため、赤ちゃんの脳の成長を妨げる行為になってしまいます。

そのため、糖質制限を妊婦が行うことはリスクが高いといえるでしょう。

もちろん妊婦期間中に太りすぎることは、妊娠中毒症を引き起こす可能性が高まるためよくありません。

しかし、体重増加を気にするあまり糖質を抑え過ぎることも危険なのです。

「カロリー制限」と「糖質制限」は異なります


妊娠期間中は太りすぎると安産ができないと注意されるので、カロリーを控えるように医師から注意を受けることがあります。

体重が増えすぎてしまうと妊娠中毒症などの恐れがあるので、太りすぎも注意が必要なのですが、必要以上に体重増加を気にしすぎることも問題です。

カロリー制限をして高カロリーの物を摂取しすぎないようにして、体重を今以上に増加しないように気をつけるのであれば問題はないでしょう。

しかし、糖質制限を行って体重そのものを減少させようと考える人もなかにはいます。

カロリー制限と糖質制限は異なるため、体に与える影響も違います。

妊婦期間の糖質の過剰摂取は糖尿病の原因となるため、多少であれば糖質を抑えてもよいといわれています。

しかし、あまりに抑制しすぎると胎児の成長に影響を及ぼしてしまいます。

そのため、糖質を制限するよりも全体のカロリーを抑えるほうがよいのです。

主食のごはんを玄米ご飯にしたり、肉や脂を控えめにしたりして、野菜を多めに取ることでカロリーは抑えることが可能です。

カロリーを抑えるために、過度に制限を行うとバランスの悪い食事になりやすいです。

バランスの良い食事をしながら食事のカロリーを減らしていきましょう。

授乳期の糖質制限も注意が必要です

妊娠期間中は糖質を制限することで胎児の脳の成長に影響がでる場合があるため、糖質制限は避けたほうがよいのですが、授乳期にも注意が必要です。

出産が終わり授乳期に入ると、糖質制限を行い効率よく体重を落としてメリハリのある体にしていきたいと思う方も多いでしょう
しかし、糖質制限を行うことで母体にストレスを与えることがあります。

糖質制限では、今まで食べていたものを我慢しなければならないため、多少なりともストレスを感じることになります。

このストレスが母体の血糖値を高くするため、吐き気などの体調不良につながることもあるのです。

その他にも、ストレスが原因で排卵再開が遅れることもあります。

また、母乳を与えているのであれば、そのような影響が赤ちゃんに移らないとも限りません。

妊娠期間が終わればダイエットに取り組みたいと思う女性は多いと思いますが、授乳期間中は赤ちゃんのことを第一に考えましょう。

授乳期にはバランスのよい食事を心がけて、胎児に十分な栄養を送ってあげることが一番大切なことです。

(まとめ)妊婦が糖質制限をしても問題はない?

1.妊婦が糖質制限をすることは母子ともに危険なことなのです

妊娠期間中は体重が増えすぎないように、カロリーに注意しなければなりません。

糖質制限をすることで糖質を抑制すれば、赤ちゃんの脳の成長に悪影響を及ぼす危険性があるのです。

2.妊婦のダイエットは危険です

あまり体重を増やし過ぎると妊娠中毒症になる可能性があるので気をつけなければなりません。

しかし、糖質制限を行えば胎児の脳の成長に必要な糖質を抑え過ぎてしまうので危険です。

3.「カロリー制限」と「糖質制限」は異なります

妊婦中に太り過ぎを注意された場合、糖質制限をするのではなくカロリー制限を行いましょう。

主食を見直したり、肉や魚の代わりに野菜を多めに摂取したりして食事全体のカロリーを見直せば、徐々に改善していくことができるでしょう。

4.授乳期の糖質制限も注意が必要です

妊娠期間中だけでなく授乳期も糖質制限ダイエットは行わないようがよいでしょう。

糖質制限を行うことで受けるストレスは母乳にも栄養を与えます。

授乳期には赤ちゃんに栄養を与えることを一番に考えるようにしましょう。

ダイエットのプロ・低糖質食のエキスパート「ライザップ管理栄養士チーム」が完全監修!美味しくて続けられる「RIZAPの低糖質フード」がおススメです!

糖質制限は、糖質が含まれる食材を何でも制限する訳ではなく、食べられるお肉もあれば、飲むこともできるお酒もあります。糖質が高い食材、低い食材の基本的な知識をつけていくことでストレスのない糖質制限を続けていくことができるでしょう。

詳しくはこちら

関連記事

ダイエット中でも選べるおいしい低糖質食事
ページ上部へ戻る