糖質制限ダイエットで痩せるとバストも落ちる?

栄養に気をつけて糖質制限することでバストサイズは保つことは可能です


女性の場合、ダイエットをすることで大事なバストまで落ちてしまうというケースが少なくありません。

それではせっかく痩せられても、女性としての自信まで下がってしまうことでしょう。

しかし、糖質制限なら工夫次第でその心配は防ぐことが可能です。

注意点を把握したうえで、うまく痩せられるよう取り入れてみましょう。

糖質制限は余分な脂肪を落とす方法です

まず、糖質制限というダイエット方法自体、バストサイズが落ちる心配の少ない方法といえます。

バストが気になる女性にとって、糖質制限はおすすめといえるでしょう。

なぜなら、糖質制限は余分な脂肪を落とせる方法であるためです。

糖質制限は、食事における糖質を控えて行うダイエット法です。

糖質は、体内でオリゴ糖に変化しエネルギー源となりますが、必要以上に摂ると脂肪として蓄えられてしまう存在です。

そのため、糖質制限を行うことにより糖質が脂肪となることを防ぐことができます

また、体内で糖質が不足すると脂肪を分解してエネルギーとして利用するため、脂肪の燃焼にもつながるのです。

糖質制限では運動が必要ですが、激しい運動は行いません。

そのため、必要以上に燃焼させすぎることもないので、余分なお肉以上の部分まで痩せる心配が少ないのです。

バストは、多くが脂肪で構成されているものの、もちろん余分な存在ではありません。

そうした理由から、効果的なダイエットを期待できるにもかかわらず、バストが小さくなる心配は少ないのです。

理想的なバストを保つために女性ホルモンが大切になります


バストに影響しにくい糖質制限ですが、実践した女性のなかには、バストアップできたという人もいるようです。

シャープなボディラインに近づきつつ、さらにバストサイズが上がるともなれば、女性としては嬉しいことこの上なしといったところでしょう。

しかし、もちろん基本的な糖質制限をするだけでは、その結果を期待できません。

コツを踏まえたうえで、取り組みましょう。

バストを保ち、そしてサイズアップさせるポイントは、糖質制限しながらも女性ホルモンは低下しないよう注意することです。

ダイエット時にバストサイズが落ちてしまう原因は、ホルモン分泌に必要な栄養が足りなくなってしまうためといわれています。

この女性ホルモンを保つために重要な栄養素は、糖質でなく脂質です。

そのため、良質な脂質も充分摂ることをしっかり意識できていれば、糖質制限しても問題ないのです。

また、たんぱく質も身体を作るために重要な栄養素であるため、こちらも積極的に摂ることが大切です。

こちらは主に肉や乳製品などから摂れます。

その他ではサプリメントや美容ドリンクを通して、葉酸を摂ることもおすすめです。

女性ならではの体質を健康的に維持するために重要な成分であり、こちらもまたバスト維持やアップに役立ちます。

方法によってはバストが小さくなることがあります

バスト維持やサイズアップに期待できるコツがある反面、サイズダウンを後押ししてしまう間違った方法も存在します。

最後に、その点も注意事項として紹介します。

それは食事量自体を控えてしまう方法です。

目的がダイエットであれば、摂取カロリー自体も抑えると効果的に感じられるかもしれません。

しかしこれは間違った方法なのです。

正しい糖質制限は、あくまで糖質の摂取量は抑えつつも、充分な栄養はしっかりと摂るといったものです。

糖質を控えた分を脂質やたんぱく質、そして食物繊維などで補い、必要なカロリーは充分摂取しましょう。

栄養不足が原因になって、バストをダウンさせてしまうかもしれません。

また、食物繊維不足に陥るケースも避けるべきです。

炭水化物は、糖質と食物繊維からなる存在であるため、糖質制限時は食物繊維不足になりやすいです。

食物繊維が充分でない場合に懸念されるのは、便秘です。

便秘はホルモンバランスの乱れを引き起こすため、女性ホルモンが低下し、バストダウンに繋がる危険があるのです。

バストに影響しにくい糖質制限ですが、毎食糖質を制限しながらも必要なカロリーはしっかり摂る、食物繊維も欠かさないといった心がけを忘れないようにしましょう。

(まとめ)糖質制限ダイエットで痩せるとバストも落ちる?

1.栄養に気をつけて糖質制限することでバストサイズは保つことは可能です

ダイエットでバストまで落ちてしまうというケースも少なくありません。

しかし糖質制限では、ポイントを押さえて実践することでその心配も防げます。

注意点も踏まえたうえで、取り組むことが大切でしょう。

2.糖質制限は余分な脂肪を落とす方法です

糖質制限は、数あるダイエット法の中でもバストに影響しにくい方法です。

なぜなら食事における糖質を控えることで、余分な脂肪だけ減らすことが目指せるためです。

バストは脂肪であるものの、余分なものではないため、小さくなる心配が少ないのです。

3.理想的なバストを保つために女性ホルモンが大切になります

ダイエットのなかでもバストに影響しにくい糖質制限ですが、ポイントを押さえて行うとより安心です。

女性ホルモンのもとになる脂質や、体作りに重要なたんぱく質を摂取することで、サイズの維持や、サイズアップが期待できます。

4.方法によってはバストが小さくなることがあります

糖質制限時も、必要なカロリーや栄養素をしっかり摂りましょう。

また、便秘が起こるとホルモンの乱れを引き起こしやすくなるため、食物繊維も意識しましょう。

これらが疎かになると、糖質制限であってもバストダウンしてしまうかもしれません。

ダイエットのプロ・低糖質食のエキスパート「ライザップ栄養管理士チーム」が完全監修!美味しくて続けられる「RIZAPの低糖質フード」がおススメです!

糖質制限は、糖質が含まれる食材を何でも制限する訳ではなく、食べられるお肉もあれば、飲むこともできるお酒もあります。糖質が高い食材、低い食材の基本的な知識をつけていくことでストレスのない糖質制限を続けていくことができるでしょう。

詳しくはこちら

関連記事

ダイエット中でも選べるおいしい低糖質食事
ページ上部へ戻る