糖質制限と貧血には関係があるの?

糖質制限が直接貧血の原因になるとはいえません


貧血の原因の多くは鉄欠乏性貧血ですので、糖質制限が貧血の原因になるとは考えにくいですが、糖質制限が直接の原因ではなくても、糖質制限を行った後に貧血が起こる方もいるようです。

糖質制限は、過度な糖質の摂取を控え、主食を低糖質な食品に置き換えることでダイエット効果や健康増進につながる食事方法ですので、貧血に関与する鉄の摂取を妨げるものではありません。

しかしながら、糖質制限の始め方や方法によっては貧血が引き起こされる場合もあるようです。

考えられる主な原因としては、過度に食事を制限してしまうあまり、必要な栄養素を摂っていないことがあります。

糖質制限の食事では、食欲を我慢することなく十分な量の食事が摂れることがポイントですが、肥満傾向にある方はもともと食べ過ぎる傾向にあるため、満腹感を得るために食べる量が多くなっているのかもしれません。

糖質を控え、タンパク質を多く含む肉や魚、食物繊維を多く含む野菜類を多く取り入れた食事をすることが望ましいですが、必要以上に食べ、カロリーを過剰に摂取することは抑えた方がよいでしょう。

また、鉄を多く含む肉や魚などを意識的して取り入れるのもよい方法といえるでしょう。

貧血の原因の一つに、鉄不足があります

 

貧血は、血液中の赤血球やヘモグロビンが正常よりも少なくなった状態のことをいい、もっとも多いのは鉄欠乏性貧血です。

主な症状はめまいや立ちくらみ、動悸、息切れなどで、顔色が悪くなったり疲れやすくなったりすることもあります。

糖質制限中に立ちくらみが起きたり疲れやすくなったり、なんとなくスタミナがないと感じられる方もいるようですが、多くの場合は、過度にカロリーを制限して、食事が低カロリーになりすぎていることが原因のようです。

鉄は赤血球の代謝に消費されているほか、発汗によっても失われますので、貧血を予防するには鉄を食事からしっかり摂ることが大切です。

また、鉄のほかにも鉄の吸収を高める役割を持つビタミンCやヘモグロビンの材料となるタンパク質もしっかり摂りましょう。

無理なダイエットや不規則な生活によって、食事のバランスが崩れていないかどうかも見直す必要があるでしょう。

糖質制限中は過度に食事を制限しないようにしましょう


糖質制限は、糖質の摂取量を控えて、血糖値の急上昇を抑えるような食べ方をするだけでよいので、細かいカロリー計算をする必要がないのが特徴です。

また低糖質の食品は数多くありますので、食欲を我慢することもありません。

その上、短期間で結果が出やすいので魅力的なダイエット方法といえるでしょう。

食欲を我慢しなくてもよいといっても、もちろん、カロリーの過剰摂取は控えなければなりません。

逆に、今まで糖質をメインにした食事を摂っていた方は、糖質を低糖質に置き換えるとエネルギー不足になることがあります。

糖質制限中でも、一日の活動に必要なカロリーは摂取するのが基本ですので、糖質を控えた分はほかの食品で補うようにすることが大切です。

低糖質の食品には、鉄を多く含む食品も多くありますので、糖質制限中でも食事から鉄を摂取することは十分に可能です。

糖質を控えながら鉄分の豊富な食品を摂りましょう

糖質制限中の食事は、タンパク質と食物繊維を組み合わせたものを、理想的な食品の組み合わせとしています。

タンパク質を含む食品は、肉、魚、大豆製品などで、食物繊維を多く含む食品は、野菜類やキノコ類があります。

鉄も、肉や魚に多く含まれており、鉄もタンパク質も多く含む食品としては、牛肉、レバー、赤身の魚(カツオなど)、あさりなどがあります。

また、鉄の吸収に必要なビタミンCは、緑黄色野菜に多く含まれていますが、野菜の中には糖質を多く含むものもありますので糖質量には注意が必要です。

ほかにも、赤血球がつくられるときに必要な葉酸やビタミンB12は、ほうれん草、アスパラガス、ブロッコリーなどの緑黄色野菜や納豆に多く含まれており、これらに含まれる糖質も少ないので、これらは、ぜひ摂りたい食品、といえるでしょう。

(まとめ)糖質制限と貧血には関係があるの?

1. 糖質制限が直接貧血の原因になるとはいえません

貧血の原因の多くは鉄欠乏性貧血ですので、糖質制限が貧血の原因になるとは考えにくいですが、過度な食事制限で、栄養不足になると、貧血が引き起こされることがあるようです。

糖質制限中も、鉄分を多く含む肉や魚をしっかり摂りましょう。

2. 貧血の原因の一つに、鉄不足があります

糖質制限中の過度なカロリー制限によって、低カロリーになりすぎると、立ちくらみや疲れやすくなることがあるようです。

必要な栄養素の鉄やビタミンC、タンパク質などをしっかり摂って、生活全体や食事のバランスも見直してみましょう。

3. 糖質制限中は過度に食事を制限しないようにしましょう

糖質制限中も、一日の活動に必要なカロリーは摂取することが基本ですので、糖質を控えた分は、ほかの食品で補うようにすることが大切です。

糖質が少なく鉄を多く含む食品は、多くありますので、糖質制限中も食事から鉄を摂取することは十分に可能です。

4. 糖質を控えながら鉄分の豊富な食品を摂りましょう

糖質が少なく、鉄もタンパク質も多く含む食品には、牛肉、レバー、赤身の魚(カツオなど)、あさりなどがあります。

鉄の吸収に必要なビタミンCを含む、ほうれん草、アスパラガス、ブロッコリーなどの緑黄色野菜も、ぜひ摂りたい食品です。

ダイエットのプロ・低糖質食のエキスパート「ライザップ栄養管理士チーム」が完全監修!美味しくて続けられる「RIZAPの低糖質フード」がおススメです!

糖質制限は、糖質が含まれる食材を何でも制限する訳ではなく、食べられるお肉もあれば、飲むこともできるお酒もあります。糖質が高い食材、低い食材の基本的な知識をつけていくことでストレスのない糖質制限を続けていくことができるでしょう。

詳しくはこちら

関連記事

ダイエット中でも選べるおいしい低糖質食事
ページ上部へ戻る