糖質制限をすると、眠くなるのを予防できますか?

適切な糖質制限で食後の眠気やだるさを予防できます


食後に眠くなるのは当たり前だと思っているかもしれません。

しかし、それは違います。

実は、食後の眠気と糖質には関係があります。

通常、血糖値は食事後ゆるやかに上昇し、すい臓から分泌されるインスリンというホルモンの働きによってゆるやかに下がります。

その結果、体の中で血糖値は安定した状態に保たれています。

しかし、糖質を過剰に摂り過ぎると、血糖値は急上昇します。

すると、それに反応したすい臓は、大量のインスリンを分泌し、血糖値を急降下させます。

この状態では、臓器への負担が大きくなり、体の調整が上手くいきません。

食後に眠くなったりだるさを感じたり、全身の倦怠感につながります。

さらに、このような血糖値の急激な変化は、イライラや集中力の低下、そして動脈硬化の原因になり、体にも心にも悪影響を与えます。

血糖値を安定させる生活こそが、体も心も安定した状態のために必要、というわけです。

そこで注目されるのが糖質制限です。

適切な糖質制限で、血糖値の急上昇を防ぎ、眠気やだるさを予防し快適な生活につなげましょう。

食後の眠気は、糖質による血糖値の上昇と関係があります

「食後に眠くなる」、「ごはんの後はだるくて仕事や家事が進まない」、そのような経験をした人はありませんか。

食後に眠くなるのは当たり前、と考えるのが一般的です。

しかし、その作用には、糖質が関係しています。

ごはんやパンなどの糖質を摂ると、糖質はブドウ糖に変わり、血液によって全身に送られます。

この血液中に溶けたブドウ糖を「血糖」と呼び、その濃度を表したものが「血糖値」です。

ブドウ糖は、エネルギー源であるため、とても大切です。

しかし、量が多ければ良いというものではありません。

糖質を過剰に摂り過ぎると、血糖値は急上昇します。

すると、それに反応して、すい臓は大量のインスリンを分泌し、血糖値を下げます。

その時、すい臓に大きな負担がかかります。

すい臓に大きな負担がかかることが続くと、体の調整が上手くいかず、食後に眠くなったりだるさを感じたりして全身の倦怠感につながります。

血糖値の急な変動は、眠気、イライラ、動脈硬化の原因


糖質の摂り過ぎによって追加、追加、と出されるインスリンですが、その働きで下げられた血糖値は、正常よりも下がってしまっています。

すると体の中では、もとの安定した血糖値に戻すため、今度は他の臓器から複数のホルモンが分泌されます。

この時、他のホルモンを分泌する臓器にもまた、大きな負担がかかります。

その結果、眠気、イライラ、集中力の低下が起こり、さらには動脈硬化の原因になります。

また、糖質は、慢性的に摂り過ぎると、より多くの糖質が欲しくなるようになり、欲求が満たされないとイライラして、やる気が落ちてしまいます。

体も心も良好な状態を保つためには、糖質制限という方法に目を向け、血糖値を安定させるよう利用していくことが大切です。

糖質による体調不良のメカニズム

糖質の摂り過ぎ → 血糖値の急上昇 → すい臓からインスリンの分泌 → 血糖値の急降下 → 副腎から複数のホルモンの分泌 → 臓器に負担がかかる → 全身の不調につながる

血糖値の変動をゆるやかにして体も心もベストな状態へ

毎日、ごはんやパンなどを中心に食べてきた人が過度な糖質制限してしまうと、脳に必要なブドウ糖が不足してボッーとしやすくなり、眠気が出ることもあります。

栄養バランスを考え、適切な糖質制限をスタートさせましょう。

運動をともなった適切な糖質制限を行い、血糖値の変動をゆるやかにすることで、眠気を予防し、より活動的に動くことができます。

糖質制限のポイント

  1. 血糖値を急激に上げる食べ物は避ける
     (白砂糖を含む甘いお菓子、清涼飲料水、ジュースはできるだけ控えめに)
  2. 主食を低糖質に置き換える
     (白米より玄米、白パンより全粒粉パンに切り替え、茶色くて硬い主食を選ぶ)
  3. おかず中心の食生活にする
     (たんぱく質、ビタミン、ミネラルなど、バランス良く栄養を摂る)
  4. 白湯やノンカフェインのお茶で、こまめな水分補給をする
     (冷たい飲み物は胃腸を冷やし消化の妨げになるため注意)
  5. 食べる順番は「野菜 → スープor味噌汁 → 肉or魚」
     (血糖値の上昇が抑えることができます)
  6. 食後のウォーキングなど適度な運動をする
     (血糖値を安定させ、より健康的になるためには運動が欠かせません)

(まとめ)糖質制限をすると、眠くなるのを予防できますか?

1. 適切な糖質制限で食後の眠気やだるさを予防できます

食事中、糖質を摂り過ぎると、臓器への負担が大きくなり、体の調整が上手くいきません。

そのために、食後に眠気を感じやすくなります。

そこで、適切な糖質制限をすると、眠気やだるさの予防につながります。

2. 食後の眠気は、糖質による血糖値の上昇と関係があります

糖質を過剰に摂り過ぎると血糖値は急上昇し、すい臓から大量のインスリンが分泌され、血糖値が下がります。

すい臓に大きな負担がかかることが続くと、体の調整が上手くいかず、食後に眠くなったりだるさを感じたり、全身の倦怠感につながったりします。

3.血糖値の急な変動は、眠気、イライラ、動脈硬化の原因

血糖値の急上昇や急降下は、眠気だけではなく、実は、動脈硬化などの原因になります。

また、慢性的に糖質を摂り過ぎると、より多くの糖質が欲しくなるようになります。

体も心も健康的な状態であるために糖質制限に注目し、血糖値を安定させることが大切です。

4.血糖値の変動をゆるやかにして体も心もベストな状態へ

過度な糖質制限を行うと、眠気が出ることがあります。

栄養バランスを考え、適度な運動などを取り入れながら行う、適切な糖質制限をスタートさせましょう。

眠気やだるさを予防し、より活動的に動くことが可能になります。

ダイエットのプロ・低糖質食のエキスパート「ライザップ栄養管理士チーム」が完全監修!美味しくて続けられる「RIZAPの低糖質フード」がおススメです!

糖質制限は、糖質が含まれる食材を何でも制限する訳ではなく、食べられるお肉もあれば、飲むこともできるお酒もあります。糖質が高い食材、低い食材の基本的な知識をつけていくことでストレスのない糖質制限を続けていくことができるでしょう。

詳しくはこちら

関連記事

ダイエット中でも選べるおいしい低糖質食事
ページ上部へ戻る