糖質制限を行うと疲れにくくなりますか?

疲れにくい体になり、疲れがとれやすくなります


疲れには、肉体的な負荷を原因とする肉体疲労と、心配ごとなど精神的なストレスを原因とする精神疲労があります。

肉体的な負荷を原因とする肉体疲労は、筋肉を動かすためのエネルギーの不足と疲労物質が蓄積すると考えられています。

また同じ姿勢や無理な姿勢を続けると一部の筋肉が緊張を続けて負担となり、疲労することもあります。

一方、精神的な疲れは、仕事や人間関係など心の緊張や心配ごとが続いて起こるものです。

肉体疲労も、精神疲労も、解消するためには、栄養と休養をとることが必要です。

とくに、食生活においては、糖質の過剰摂取が疲れやすさの原因のひとつといわれており、糖質制限を行うことで疲れにくい体にすることができます。

ビタミンやミネラルも疲労解消に必要ですが、とくにビタミンB1、B2は糖質の代謝を促進して疲労物質が体内に蓄積することを防ぎます。

また、良質なタンパク質を摂って筋力を蓄えることで、肉体疲労しにくい体づくりにも、役立ちます。

疲れたからといって甘いものを大量に摂ると、血糖値が急激に上昇し、インスリンが分泌されて倦怠感を覚える場合もあります。

疲れにくく、疲れがとれやすい体づくりに、糖質制限は適しているのです。

筋力低下や肥満を予防して、疲れにくい体にしましょう

体をたくさん動かす仕事やスポーツなどは、明らかに、肉体的な疲労を伴うものです。

また、激しい動きではないものの、デスクに座ったまま長時間パソコン業務や、立ったままの仕事や接客業も、肉体疲労は蓄積します。

こうした体の疲労を解消するには、やはり、まず休養をとることが大切です。

体を休めることと、しっかり睡眠をとることです。

また、同じ姿勢が続く業務を行っている人は、ストレッチなどの運動で、緊張した筋肉を伸ばすことが重要で、また、マッサージや温浴などでやわらげてあげることも有効です。

食生活では焼肉や甘いものなど、疲れがとれそうでスタミナがつきそうなメニューを選びがちですが、逆効果になってしまう場合もあります。

濃く甘い味付けのものを食べるとご飯が欲しくなり、さらに甘いものを食べると、異常に血糖値が上昇して、インスリンが過剰に分泌され、そして低血糖の症状をもたらすこともあるのです。

それは、食べたときには満足感があっても、低血糖の状態になったとき、ひどいだるさを感じます。

また、必要以上に脂肪分の多い食事は肥満につながり、筋力低下や疲れやすい体になる原因になるとも考えられます。

そういったものを食べたいときには、食物繊維を同時に摂り、また、そもそもタンパク質を主体に摂るようにしましょう。

正しい糖質制限を行うと、タンパク質と食物繊維を豊富に摂るため、疲れにくい体になり、便秘などによる倦怠感を防ぐこともできます。

甘い食べ物での気分転換は、かえって疲労感を増すことも


現代人にとって大きな課題となるのが精神的な疲労です。

肉体の疲労は、痛みやだるさなどサインが表れるため、休養の必要を感じることができます。

しかし精神的なストレスは、これくらいでクヨクヨしてはいけないとか、もっとしっかりしなくてはいけない、など自分自身に対して厳しく追い込んでしまうケースが多く、これを続けることによってうつ状態になってしまうこともあります。

精神的な疲労にとっても、重要なことは休養や睡眠ですが、心配ごとが気になって休んだ気がしない、寝付けない、眠りが浅い、不眠が続く、といった状態になる人も少なくありません。

こうした状態が続いていると、自律神経の乱れを起こし、それがまた肉体的な疲れを感じさせやすくなることもあります。

甘いものやアルコールによって気分転換しようとしても、それまでに摂っていた過剰な糖質が、疲労回復を阻害して、一層、疲れを感じさせるケースもあります。

肉体的な疲労と、精神的な疲労は、それぞれ単独ではなく、関連しあっていることを知っておきましょう。

そして、疲労回復に良い、「ビタミン」や「ミネラル」をたっぷり補給することが大切です。

食生活の改善で筋力をつけ、疲れがとれやすい体に

疲労を軽減できる体とは、必要な「筋力」が備わっている体のことです。

重いものを動かすにも、同じ姿勢を続けるにも、必要な筋力が備わっているために血流が良い体であれば、対応できます。

また、疲れを溜めたままにしないで、休憩時間には「ストレッチ」を行ったり目をつぶって休息をとったりするなど、こまめに疲労回復を意識することも大切です。

そして、その体をつくる、食生活の改善が、何よりも重要です。

甘いもの、ご飯、めん類などで、過剰な糖分を摂っていると、疲れを感じやすくなってしまいます。

また、健康に良いと考えてフルーツをたくさん摂る習慣のある人は、フルーツに含まれる「果糖」を見逃さずに気をつけるようにしましょう。

清涼飲料水や、いわゆる栄養ドリンクなどにも、大量の糖分が入っています。

こうした糖分を抑える糖質制限を行い、ビタミン、ミネラルを十分に摂る食事が、疲れにくい体をつくります。

とくに、ビタミンB1、B2を含む「ビタミンB群」を多く摂ることは有効です。

ビタミンB群を摂ることができる食品には、豚肉、レバー、枝豆、きのこ類、さば、ししゃも、小松菜などがあります。

カルシウムや鉄分も、疲労回復を助けます。

牛乳、チーズなどの乳製品、大豆、豆腐や厚揚げなどの大豆食品、小魚、あさりなどがあります。

糖質制限を行うのと同時に、運動を取り入れる生活を、習慣にしてしまうことも大切です。

運動は、ストレス発散にもつながり、日常生活や仕事に必要な筋肉をつくることにもつながります。

上手な糖質制限を行って、疲れにくい体、疲れがとれやすい体を手に入れてください。

(まとめ)糖質制限を行うと疲れにくくなりますか?

1.疲れにくい体になり、疲れがとれやすくなります

糖質の過剰摂取が、疲れやすさの原因のひとつといわれており、糖質制限を行うことで疲れにくい体にすることができます。

甘いものを大量に摂ると、血糖値が急激に上昇し、インスリンが分泌されて倦怠感を覚える場合もあります。

2. 筋力低下や肥満を予防して、疲れにくい体にしましょう

肉体的な疲労には、こまめに休息をとり、溜め込まないことが重要です。

正しい糖質制限を行うと、タンパク質と食物繊維を豊富に摂るため、筋力がついて疲れにくい体になり、便秘などによる倦怠感を防ぐこともできます。

3. 甘い食べ物での気分転換は、かえって疲労感を増すことも

甘いものやアルコールによって気分転換しようとしても、それまでに過剰な糖質を摂取していれば疲労回復を阻害し、一層、疲れを感じます。

精神的な疲労にも、疲労回復を助けるビタミンやミネラルをたっぷり補給することが大切です。

4. 食生活の改善で筋力をつけ、疲れがとれやすい体に

甘いものやご飯、めん類などで、過剰な糖分を摂り続けていると、疲れを感じやすい体になってしまいます。

正しい糖質制限を行うのと同時に、生活に運動を取り入れて、必要な筋力を蓄え、ストレスを発散して、健康な生活習慣を身につけてください。

ダイエットのプロ・低糖質食のエキスパート「ライザップ栄養管理士チーム」が完全監修!美味しくて続けられる「RIZAPの低糖質フード」がおススメです!

糖質制限は、糖質が含まれる食材を何でも制限する訳ではなく、食べられるお肉もあれば、飲むこともできるお酒もあります。糖質が高い食材、低い食材の基本的な知識をつけていくことでストレスのない糖質制限を続けていくことができるでしょう。

詳しくはこちら

関連記事

ダイエット中でも選べるおいしい低糖質食事
ページ上部へ戻る