糖質制限と体調不良には関係があるのですか?

糖質制限の方法に問題がある場合、体調が左右されることはあります


糖質制限は、ダイエット効果に加えて、食後の倦怠感が軽減される、血流が良くなるといった効果が期待できます。

一方で、体は急激な変化が起きると何らかの反応が出ることがありますので、急激な糖質制限を行えば便秘などが引き起こされることもあります。

糖質制限によって体調不良を起こるのは、糖質を摂らないことに加えて、全体として極端に低カロリーで栄養価の低い食事を続けた場合が多いようです。

糖質制限を行う目的や期待する効果、取る方法は人それぞれですが、正しい糖質制限の範囲を知ることが大切といえるでしょう。

糖質制限を始めるなら、まずは一日のうち一食を低糖質食に置き換えるプチ糖質制限食から始めてみましょう。

そして、タンパク質や食物繊維をたっぷり取り入れ、バランスの良い食事を摂ることも大切です。

プチ糖質制限食に慣れたら、一日のうち糖質制限を行う回数を二食、三食と増やしていくのも良いでしょう。

プチ糖質制限食の場合でも、体調を意識しながら行い、ダイエット目的の方ならしっかりと、適度な運動もあわせて行うようにします。

糖質制限で、体調不良の改善が期待できます

糖質制限は、短期間でダイエット効果が出やすいので、さまざまな不調を引き起こす元凶である「肥満」が解消されることによる健康向上が期待できますし、血流が良くなりますので冷えの改善も期待できます。

また、糖質制限食は、食後のインスリン分泌を緩やかにしますので、血糖値の急上昇とその後の急降下によって引き起こされる食後特有の倦怠感が軽減されると考えられます。

糖質制限を急に始めた場合は、始めて間もない期間に便秘になることもあるようですが、これは食生活が変化したことによるもので、腸内細菌が安定してくれば解消されるようです。

糖質制限によって口にするブドウ糖が不足すると、エネルギー不足による疲労感や集中力の低下が見られることがあります。

そういったことが起こるのは、短期間でダイエット効果を得るため急激に食事を制限したり、糖質の多い主食を完全にやめるだけの極端に低カロリーな食事を続けたりといった、体に大きな変化を急激に与えた場合です。

糖質制限は、無理なく、自由に


糖質制限を行う目的や方法、期待する効果は人それぞれです。

しかし、急激な変化は体調不良のもとです。

自分の目標やライフスタイルに合わせて体調や持病の有無などを考慮しながら、無理なく続けていくことが大切です。

特に、糖尿病や腎障害、活動性膵炎、肝硬変などの持病がある方や治療薬を服用している方は、必ず、医師の指導を受けてください。

また、とにかく早く痩せたいなどの理由から急激な糖質制限をいきなり始めることは、控えるべきでしょう。

糖質制限は、毎日の食事を全て低糖質の食事にしなくてはならないということではありません。

自分のライフスタイルに合わせて、取り入れ方は自由です。

糖質制限を始めるなら、まずは一日のうち一食を低糖質食に置き換えるプチ糖質制限食から、生活に取り入れてみましょう。

例えば、朝食のトーストを低糖質パンに換える、間食のお菓子を低糖質スイーツにするなど、一日のうち一食、一品でも低糖質の食事や食品に換えることで、今まで摂取していた糖質量を減らすことができます。

自分のその時の体に合っているかどうか、体調を見ながら始め、徐々に低糖質の食事を増やしていくのが望ましいといえるでしょう。

糖質制限中は、低糖質の食事を摂って、運動も

「糖質制限」は食事を摂らないということではありません。

誤った糖質制限方法の一つに、糖質を摂らないだけでなく、必要な栄養素を摂らないということがあります。

そのような栄養面で貧しい食事を摂り続けた場合、生体を維持する栄養素やエネルギーが不足し、まず貧血や便秘といった体調不良に陥ることがあるようです。

糖質制限中の食事は、主食をできるだけ低糖質なものに置き換えて糖質を控え、おかずはタンパク質や食物繊維をたっぷり含む食品を中心にして、必要な「エネルギー」や「栄養素」は十分に摂れる献立にしましょう。

例えば、肉・魚介・卵・大豆製品に、野菜・海藻・キノコなどを組み合わせた、低糖質で高タンパク、ビタミンやミネラルのバランスの取れた食事が理想的です。

ビタミンやミネラルをしっかりと補給し、基礎代謝以上のエネルギーは摂取するように心がけましょう。

ただし、ダイエット目的の糖質制限なら必要以上にエネルギー(高カロリー)を摂り過ぎないことにも注意しましょう。

過剰摂取したカロリーの意味でも、もちろん体の仕組みをうまく回すためにも、「適度な運動」が必要です。

低糖質の食事と運動をバランス良くあわせて行い、健康的に過ごすことで、体調不良を防ぐことができるのです。

(まとめ)糖質制限と体調不良には関係があるのですか?

1. 糖質制限の方法に問題がある場合、体調が左右されることはあります

糖質制限は、ダイエット効果に加えて、血流が良くなるなどの効果が期待できる一方で、急激な変化を体に起こせば便秘などの体調不良が表れることもあります。

糖質制限を始める前に正しい方法を知り、体調を意識しながら少しずつ行うことが大切です。

2. 糖質制限で、体調不良の改善が期待できます

糖質制限は、短期間でダイエット効果が出やすいので、さまざまな不調を引き起こす元凶である「肥満」が解消されることによる健康向上が期待できます。

血流が良くなるため、冷えの改善も期待できます。

徐々に始めることにより腸内細菌は安定し、便秘も回避することができます。

3. 糖質制限は、無理なく、自由に

糖質制限は、自分の目標やライフスタイルに合わせて自由に取り入れることができます。

一日のうち一食を低糖質食に置き換え、体調を見ながら徐々に低糖質の食事を増やすのが良いかもしれません。

持病のある方は医師の指導を受け始めましょう。

4. 糖質制限中は、低糖質の食事を摂って、運動も

糖質制限中の食事は、主食をできるだけ低糖質食品に置き換えて糖質を控え、おかずにはタンパク質や食物繊維をたっぷり含む食品を中心にして、必要な栄養素は十分に摂れるような献立にしましょう。

あわせて適度な運動を行うことが大切です。

ダイエットのプロ・低糖質食のエキスパート「ライザップ栄養管理士チーム」が完全監修!美味しくて続けられる「RIZAPの低糖質フード」がおススメです!

糖質制限は、糖質が含まれる食材を何でも制限する訳ではなく、食べられるお肉もあれば、飲むこともできるお酒もあります。糖質が高い食材、低い食材の基本的な知識をつけていくことでストレスのない糖質制限を続けていくことができるでしょう。

詳しくはこちら

関連記事

ダイエット中でも選べるおいしい低糖質食事
ページ上部へ戻る