低糖質で高カロリーの食事を摂る影響は?

低糖質でも高カロリーすぎるとダイエットに悪影響になりかねません


糖質制限は、エネルギーの元である糖質を減らして体脂肪を燃焼させるメカニズムでダイエットを行います。

糖質はエネルギーの元となる栄養素の一つですが、余るとそれが体脂肪になって蓄積されます。

反対に低糖質な食事を摂れば、脂肪を燃焼させて痩せる、健康向上が期待できるといわれているのです。

ダイエットの敵とされがちな肉は、糖質制限では比較的自由に摂取することができますが、摂りすぎてしまうとその影響で総合的に高カロリーとなってしまいます。

高カロリーでエネルギーが余れば、やはりダイエット効果に悪影響を与えて、痩せにくくなるでしょう。

そのため、糖質制限では糖質だけに注意をすれば良いというわけではなく、高カロリーになりすぎないように総摂取量にも気をつけなければいけません。

糖質制限では高カロリーといわれる肉も食べられます

糖質制限では、糖質の多い食品をコントロールして、糖質が体脂肪に変わるのを防ぎます。

糖質は体内で吸収されると、ブドウ糖となり、血糖値を上げてインスリンを分泌させます。

その後必要な分の糖質はエネルギーとして使われますが、余った糖質はインスリンによって体脂肪に蓄積されていきます。

糖質を余らせないためには、糖質を多く含む食品を減らしてインスリンの量を抑え、それ以外の栄養素でエネルギーを作ることが大切です。

糖質を多く含む食品としては、炭水化物であるご飯やパン、うどんなどの主食やジャガイモなどのイモ類があります。

主食は減らさなければいけませんが、たんぱく質を多く含み糖質が比較的少ない肉はたっぷりと摂取できると考えられており、肉好きの人には適したダイエットといわれています。

肉から摂取したたんぱく質は糖質の代わりに、脂質とともに体のエネルギーとなります。

肉は脂も多く高カロリーのためダイエットの敵になりがちですが、糖質制限ではお腹に満足感を与え、エネルギー源となる大きな味方です。

糖質制限でも食事量を考えないと高カロリーになります


糖質制限のリスクとしては、糖質を減らしているという安心感から食べる量を増やしてしまい、最終的にはダイエット効果に悪影響を及ぼすことが考えられます。

糖質制限の良いところは、脂が多くて高カロリーといわれる肉料理を摂取できる点です。

しかし、だからといって肉料理ばかりを選んで、たくさん食べ過ぎてしまえば全体的に高カロリーとなってしまい、悪影響を与えることもあります。

低糖質の食事を使っているからといって、トータルのカロリー摂取量を無視してよいわけではありません。

糖質制限では、肉をたっぷりと食べてたんぱく質を摂取しましょうといわれることが多いようです。

しかし、肉ばかり摂っていれば脂質も増えすぎ、糖質を摂らなくても全体的に食べ過ぎれば高カロリーとなってしまいます。

糖質制限ではトータルで高カロリーとならないように注意します

糖質制限では、糖質以外の肉などは比較的自由に食べることができるといわれていますが、全体的な量やバランスは気にしなければいけません。

自己流のダイエットとして低糖質な食事を選んでいる人は、正しい知識を持って取り組むことが必要となりそうです。

糖質制限を成功させるためには、肉をたっぷり摂っても良いというメリットだけを見るのではなく、トータルで高カロリーにならないように注意することも忘れずに行いましょう。

必要となるエネルギー量は、その人によって違います。

基礎代謝量とその人の身体活動レベルに合わせた消費カロリーを計算して、消費カロリーを超えないような食事を摂ることが大切です。

ただし、高カロリーも悪影響となりますが、カロリーの減らしすぎもリスクを持っています。

コントロールが難しい場合には、自己流のケアを避けてプロのトレーナーについて行うことも必要です。

(まとめ)低糖質で高カロリーの食事を摂る影響は?

1.低糖質でも高カロリーすぎるとダイエットに悪影響になりかねません

糖質制限では、糖質を減らすことで体脂肪からエネルギーを作って痩せやすくします。

しかし、総エネルギー摂取量が増えすぎてしまうとダイエットに悪影響を与えるため、トータルの食事で高カロリーにならないように注意することも必要です。

2.糖質制限では高カロリーといわれる肉も食べられます

糖質制限では糖質を多く含むご飯やパンなどの主食を減らします。

しかし、その代わりのエネルギーとなる肉はたっぷりと摂取できます。

高カロリーだからといって肉を避けることなく、満足感を得られるダイエット方法といわれています。

3.糖質制限でも食事量を考えないと高カロリーになります

糖質制限では、糖質の代わりにたんぱく質を摂ることが大切です
しかし、そのために肉料理ばかりを選んだり、全体の量を増やしすぎたりすると高カロリーとなり、ダイエットに悪影響を及ぼす恐れがあります。

4.糖質制限ではトータルで高カロリーとならないように注意します

糖質制限では、自分の消費カロリーを計算して、正しく行うことが大切です。

高カロリーとなるだけでなく、カロリー不足も悪影響となるので、正しい知識がない人はプロの指導を受けることも必要となるでしょう。

ダイエットのプロ・低糖質食のエキスパート「ライザップ栄養管理士チーム」が完全監修!美味しくて続けられる「RIZAPの低糖質フード」がおススメです!

糖質制限は、糖質が含まれる食材を何でも制限する訳ではなく、食べられるお肉もあれば、飲むこともできるお酒もあります。糖質が高い食材、低い食材の基本的な知識をつけていくことでストレスのない糖質制限を続けていくことができるでしょう。

詳しくはこちら

関連記事

ダイエット中でも選べるおいしい低糖質食事
ページ上部へ戻る